2020年に読んだオススメ作品

2020年に読んだ本の中でもトップ2で賞

凄いな。と言う表現が最も適切になるんでしょうかね?もう、ここを頂点二してしまっているので、その後に良い本を読んでも、この時の衝撃が忘れられなくて、イマイチに思える位の名著。ノンフィクションになります。
もう1回、大ブームくるんじゃない?と思える位に、昔の作品になりますが、今読んでも面白い。ショートショートになりますので、ちょっと久しぶりに読書でも。と言う人にも向いている作品です。

書籍(勉強になった部門)

勉強になった部門については、内田樹さん推しになりますね。豊富な知識で、読ませて頂き、へー!と言うのが連発になりました。

サル化する世界

書籍(完全に知らなかったで賞)

主に書籍の中でも暴力的な部分について書かれているもので、知らない事も多く、読ませて頂き、むーん。と色々と考えさせられた作品は以下になります。

書籍(民俗学)

こちらは、そもそも年間を通して、そんなに読んでいないのもありますが、大好きな宮本常一先生の作品がドツボでした。

漫画部門

水木しげると、ちゃんと向き合い始めたのが2020年になります。今昔物語は非常に秀逸な内容でしたね。うんこを食べようとしたり、昔の人は色々とすげーな。と思える内容があります。

小説部門

こちらは小説部門になります。読んだのが2020年。と言うだけで、販売をされているのは、かなり前の作品とかもあります。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください