暴かれた伊達政宗「幕府転覆計画」 ヴァティカン機密文書館史料による結論

伊達政宗の銅像

内容紹介

戦国の英雄として有名な伊達政宗。彼は、徳川の世になっても、天下取りの野望を捨てず、家臣・支倉常長をヨーロッパに派遣し、ローマ法王の援助を得て、幕府を転覆しようとした――こういう話は昔からあったのですが、定説ではありませんでした。
ところが、これは事実だったのです!!
ヴァティカン機密文書館庁には、カソリック教会にかかわる2000年間の秘密史料が厳重に保管されていますが、その中に、政宗が「カソリック王」に叙任されることを願い出た証拠が、ちゃんと残っていたのです。
では、なぜ、その野望は実現しなかったのか?
歴史好きはご存知のように、政宗は講談などで描かれる豪快な人物なのではなく、じつに細心、もっといえば臆病極まりない男でした。失敗したときに、どうやって言い逃れるかを考えてからではないと行動しないタイプだったのです。
この遣欧使節でも、幕府にバレたときの対応を周到に考えました。自分自身は洗礼を受けず、いざとなったら腹を切らせるため、下級の家臣を遣わしてローマ法王を丸め込もうとしたのです。でも、そんなのうまくいくはずありません。 ローマ法王庁から、「カソリック王にしてくれ、と言いながら、本人がキリシタンじゃないのは、おかしいんじゃないの?」とツッコまれ、支倉たちも、「まー、そーですが、心の中では信仰はあると思うんですよね~」などと、苦しい弁明につとめますが、結局、ローマの返事はノー。政宗の野望は潰えたのです。
筆者は中世のスペイン語、ポルトガル語、スペイン語、ラテン語に精通し、原史料を精緻に翻訳して、この結論にたどり着きました。
戦国ブームの中でも、もっとも人気の高い伊達政宗の人間像ががらっと変わる、画期的な新書です。
内容(「BOOK」データベースより)
伊達政宗による慶長遣欧使節団の本当の目的は、ローマ教皇の力を借りてスペインと軍事同盟を結び、徳川幕府に乾坤一擲の大勝負を挑むことだった。ヴァティカン機密文書館に眠っていた戦国日本の「ダヴィンチ・コード」が今、読み解かれる―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大泉/光一
1943年、長野県諏訪市生まれ。宮城県柴田郡大河原町で育つ。日本大学博士(国際関係)。メキシコ国立自治大学東洋研究所研究員、スペイン国立ヴァリャドリード大学客員教授、同大学アジア研究センター顧問などを経て、日本大学国際関係学部・大学院教授。現在、青森中央学院大学・大学院教授。『支倉常長慶長遣欧使節の真相―肖像画に秘められた実像』(雄山閣)で2006年度の和辻哲郎文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

読んだ感想

著者の大泉光一さんの他の作品については読んだ事がございませんが、人生の全てを支倉常長と慶長遣欧使節の研究に費やしている印象を受けます。また、そのスタンスとしては実直かつ誠実であり、凄いね。と言うの最初に出てくる一言ですね。

日本にしかない資料であれば、日本国内に残っている資料を当たるのが正解だと思います。ただ、現実的には世界との関わり合いが多いのが歴史となりますので、一つの事象に対しても、世界の資料で残っている事も多いです。その全てをきちんと当たる学者の方が多いかと思いますが、こと慶長遣欧使節に関しては、バチカン市国にある資料を読む必要があり、ここに入室をするには、学歴や紹介者などが必要となります。一介の学者には、入室が厳しい点に加えて、実際に書かれている文章は古典ロマンス語で書かれているので、普通は解読出来ない状態となります。

著者は、この古典ロマンス語を習得するのに30年の時間を費やし、バチカンにも何度か足を運び、自分で資料の解読に当たっています。

正直、伊達政宗が幕府を打つ準備をしていた説。と言うのは、結構前から言われている事になりますし、根拠は特にないけれども、その可能性は高かったのではないか?と個人的には思っていたのですが、それを裏付ける事を著者が懇切丁寧に解き明かしてくれているのが本書の中身になります。

これだけの時間と情熱を傾けてくれた事に関して、まずは敬意を表したいですね。こうした学者の研究結果が基盤となり、次の歴史評価などに繋がっていくのだと思います。

BookLiveで読めます!

こちらの作品はBookLiveと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

Bookliveは便利だね

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください