Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談は色々すげーぞ!

Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

内容紹介
Mr.都市伝説 関暁夫と宇宙存在BASHAR(バシャール)の最新刊の発売!

2018年9月にアメリカロサンゼルスにて行われた、関暁夫氏とバシャールとの3日間のセッションをまとめたのが、この本です。

Mr.都市伝説、日本のミステリーテラー、別名「スティーブン・セキルバーグ」として著名な関暁夫氏が初めて体験するチャネリングとは! ?

バシャールを初めて知る読者のための基礎的な質問からはじまり、2日目、3日目は次第にマニアックな質問が展開される、その内容とは! ?

冒頭はダリル・アンカ氏とのインタビューからはじまります
○ダリル・アンカ氏がバシャールと交信できるようになった、きっかけとは
○チャネリングしているときと通常時の脳波の違いとは
○1970年代にダリル・アンカ氏が初めて目撃したUFOのかたちとは
○チャネリングを通してのコンタクトでわかった、そのときUFOと遭遇した意味とは
など

そして、バシャールにチャネルしての対談がはじまる
○並行現実に存在するバシャール出身星“エササニ”とは、いったいどの惑星にあるのか?
○エササニの存在たちは、どのような容姿をしているのか?
○エササニのエネルギー源とは?
○エササニに地球のような街は存在するのか?
○アトランティス大陸はなぜ、なくなってしまったのか?
○ムー大陸は存在したのか?

次第にマニアックな展開になる後半へ
まさに、信じるか、信じないかは、あなた次第
○ピラミッドどんな目的で作られたのか?
○ピラミッドのような建造物は他の惑星でも作られている
○ピラミッドは音のテクノロジーを使い、石を空中浮揚して移動させた
○ゼロポイントエネルギーとは
○TR3Bは、エササニから情報を受け取って人間が作ったものなのか?
○なぜ、エササニでは人工知能を作ったのか?
○地球上のイルカをエササニに持ってきている
○エササニではスピリット(精霊)の感情、他の次元の感情を感じることができる
○エササニにはナノテクノロジーのようなものを使った人工クリスタルがある
○宇宙のさまざまな場所にポータルを作り別の場所へ移動するテクノロジー開発中
○ブラックホールを通過し別の並行現実へ行くことができる
○光を個体化する「個体の光」というものの構造を作っている
○ブラックホールを通過したその先にはホワイトホールがある
○ホワイトホールに存在する生態系とは?
○ワームホールを見つけることができれば、時空を通過することができる
○日本のワームホール富士山周辺にある
○アルクトゥルスの存在たちはエネルギー体、非物質。
など

著者について
関 暁夫
Mr.都市伝説 関暁夫氏は日本のミステリーテラー。1996年から2009年までお笑いコンビ、ハローバイバイとして活動し、
2011年に「Mr.都市伝説 関暁夫」に改名。別名「スティーブン・セキルバーグ」として人気番組「やりすぎ都市伝説」など
テレビ・ラジオ番組で活躍中です。書籍『Mr.都市伝説』シリーズは累計300万部のベストセラー。

ダリル・アンカ
1980年くらいからチャネルをはじめる。Basharという名は、本当は名前のない存在に、ダリルは半分アラブのバッ クグラ
ウンドがあるので、アラビア語のメッセンジャーの意味でつけた。日本では1987年に初来日し、その時のBasharチャネルの
様子をまとめた書籍「Bashar」は広く日本の精神性に影響を与えた。日米その他、世界で活躍。
自身の映画制作会社Zia Filmsをもつ。最新監督作は「First Contact」。iTunesとAmazonで日本語字幕入りの映画が発売中。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
関/暁夫
コンビ芸人として活動した後、2011年に「Mr.都市伝説 関暁夫」に改名、テレビ・ラジオなど各メディアで活躍中。著書『関暁夫の都市伝説』(竹書房)はシリーズ累計300万部のベストセラーとなっている

アンカ,ダリル
1987年に初来日し、35年以上に渡って日米をはじめ、世界中で活躍。自身の映画制作会社Zia Filmsをもつ。往年の歌手ポール・アンカは従兄弟(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

きたねー!

やり過ぎ都市伝説で、触りの部分が放送をされましたよね。あれを見て、どう思ったか?人によって反応は様々だと思いますが、個人的には、どうしたの?と思いました。ただ、それでもね、どう言った内容なのか、気にはなってしまうので、もう購入してサクッと読んでしまおう。と言う事で読んでおきました。

色々とね、前提がありますよ。バシャールと言うのを以前からご存知の人であれば、特に違和感を感じないのですが、まだ個人的には違和感を感じまくりです。取りあえずは説として、読んでおく位のスタンスでも全然問題ないと思います。私自身がそうしたスタンスですね。

書かれている内容

信じるか信じないかは、あなた次第です!と言う世界なのですが、宇宙のエササニと言う種族の方から、これまでの地球の歴史に関わる事を説明してもらっていたり、エササニから見た宇宙の説明や、その外の種族の話ですかね。もちろん、ピラミッドも登場をします。

書かれている事が科学的に正しいのか、どうか?にはついては、判別不能な事になりますが、要約をすると、精神世界の話となります。精神世界は正しくないのかな。意識の世界ですかね。意識レベルを合わせていく事で、宇宙の方と交信が可能になる。と言う事が書かれていて、これがコンタクト手法になる訳ですね。

説得力があるような、ないような。結局上述をしているように、科学的な判別不能な事になりますが、色々と読んでいて、面白いなー。とは充分に思いますよ。頭ごなしに否定を連発させるようなタイプの人であれば、そもそも、こちらの書籍に興味を持つ事はないのですが、気軽に読んでみて下さい。


Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください