中国vs.世界 呑まれる国、抗う国(安田峰俊)

中国vs.世界 呑まれる国、抗う国(安田峰俊)
中国vs.世界 呑まれる国、抗う国(安田峰俊)

ナイジェリアには、中国人の酋長が何人もいる。例えば中国国有企業の現地支社に勤める27歳の李満虎は、現地の権力者からの要望で突然地元部族の酋長になった。ナイジェリアと中国との関係が濃密であることの証左といえよう。 中国に親しみを持つ国は、他にもセルビア、エチオピアなど多数存在する。だがその一方、中国ではなく台湾と国交を結ぶカリブ海の小国など、中国に対抗する姿勢を貫く国もある。本書は大国と相対する12か国のリアルを活写。京都精華大学学長ウスビ・サコ氏、「職業はドイツ人」コラムニストのマライ・メントライン氏との対談、さらに孔子学院への潜入記も収録。
【内容例】
vs.イスラエル――サイバー外交に水を差す「開封のユダヤ人」問題/vs.カザフスタン――「一帯一路のスタート地点」が直面する新疆問題/vs.オーストラリア――スパイとコロナ禍で「蜜月」から「対立」へ/vs.カナダ――中国が民主主義社会をハックする/vs.スリナム――客家と秘密結社と華人大統領etc.

興味はそこまでないけれど、面白い視点の作品

正直、出てくる国については知らない国もあったり、そもそも遠いな?と距離的にも精神的にも日本とは距離がある国が登場となります。通常、中国との対外関係について書いている書籍であれば、アメリカであったり、ロシアであったり、いわゆる大国が扱われるケースが通常ですが、あえてあまり知られていない国にスポットを当てている国になります。

意外と言うか、今回紹介をしている著者である安田峰俊さんの作品については、かなり読んでいる方だと思いますが。本当は中古で充分なんだけれどな。と若干自分の中で思うのですが、全て新書で購入。何が言いたいかと言うと、本書だけでも充分に楽しめるのですが、以下の作品辺りを読んでおくと、より理解をしやすいと思います。

個人的に、一番面白い。と思えたのは、ドイツ人との対談ですね。以前のナチスドイツと現在の中国が似ている。と言う話も出ているのですが、以前から、名前は聞いた事があるけれど、読んだ事はないカール・シュミットの話が出ていて、こいつはカール・シュミットってやつを、どこかで読んでみないとな。と思えましたね。

本編も充分に面白いのですが、安田峰俊さんの作品は、コラムが一番面白いですね。自分には一番グッとくる感じです。

中国vs.世界 呑まれる国、抗う国(安田峰俊)を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください