転送者 皆川亮二短編集

転送者 皆川亮二短編集
転送者 皆川亮二短編集

全5作品収録! 超人気作家、初の短編集
デビューから30年以上も第一線で活躍し、 『スプリガン』『ARMS』『海王ダンテ』など大ヒット作で知られる漫画家・皆川亮二の初の傑作短編集が登場!!

20年後の世界から送り込まれてきた男が主人公のバトルアクション『転送者』、著者初の野球漫画『ユーキャンドゥーイット?』、戦車を題材にしたサイレントコミック『奪還』、謎のおばさんが大活躍する『S.O.L』、そして「進撃の巨人」の諫山創が原作を手掛けた将棋バトル『the Killing Pawn』。
収録作は初期から現在に至るまでのバリエーションにとんだ5作品!

【編集担当からのおすすめ情報】
各作品の誕生の裏側について作者が語った「プレイバック解説」や掲載時の表紙イラスト、描き下ろしイラストも収録。
同時発売の電子版では、雑誌掲載時のカラー原稿やカラーイラストも完全再現!

ユーキャンドゥーイットが一番面白いかな?

スプリガンで有名になった皆川亮二先生の短編集になるのですが、初めてだったんですね。ダンテとか、途中まで読みましたが面白い作品ですよね。

全部で5つの作品が収録をされているのすが、個人的には見出しにも入れているように、『ユーキャンドゥーイット』が一番面白かったですね。野球を題材にしているのですが、別段熱血。と言う訳でもなく、どこか型の力が抜けている作品となっています。

皆川亮二の作品では、ちょっとシリアスなテイストの作品しか読んでいなかったので、今回の作品で、意外とコメディも書く作家さんなんだな。と言う事を知りましたね。マジな画力でコメディタッチの作品を書いてくれているので、意外性がありました。

収録をされていた作品は、全て初見になりましたので、凄く新鮮な気持ちで読ませて頂きました。

やはり一番注目をされるのは、進撃の巨人の作家である、諫山創の原作ですかね?将棋の話になるのですが、ギャグです。それなりに面白かったですね。シリアスなタッチでギャグ。と言う形になりますので、万人受けしやすい内容の作品となっていました。

転送者は無料で読めます(期間限定)

eBookJapanと言う電子書籍サイトで5つの作品のうち、転送者は前編・後編ともに無料で読む事が出来たのですが、期間限定になります。しかも、あまり長い期間ではないので、直接のリンクは掲載しません。下に掲載をしている、リンク先から、無料増量版と言うのがあれば、それが該当になります。

転送者 皆川亮二短編集を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください