エルネスト

エルネスト

エルネスト

解説

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと共闘した日系人の生涯を、オダギリジョー主演、阪本順治監督で描いた日本とキューバの合作映画。フィデル・カストロらとともにキューバ革命を成功させ、1967年にボリビア戦線で命を落としたエルネスト・チェ・ゲバラ。医者を志してキューバの国立ハバナ大学へ留学した日系2世のフレディ前村ウルタードは、キューバ危機の状況下でゲバラと出会い、彼の魅力に心酔した前村はゲバラの部隊に参加し、ボリビアでゲバラとともに行動する。ゲバラからファーストネームである「エルネスト」を戦士名として授けられた前村は、ボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。オダギリが主人公の前村を演じ、日本からは永山絢斗が記者役で出演。

俺、エルネストになる

きましたね。オダギリジョーの役所としては、日系人で自国の革命の為にゲリラ兵士として身を捧げた実際に存在をしたフレディ・マエムラになります。ただ、そのフレディ・マエムラだけではなく、チェ・ゲバラにもスポットが当てられており、チェ・ゲバラが広島を訪れた事についてもしっかりと触れられています。

その辺りについては、以下の書籍でも紹介をされています。

ゲバラのHIROSHIMA

残念ながら、日本はアメリカの属国になりますので、宗主国となるアメリカにたてついて殴り合いをした末に、挙げ句の果てには勝ってしまったキューバの事やチェ・ゲバラについては、積極的にメディアで紹介をされる事もなければ、紹介をされないので売れにくい。と言う事で、それを扱う人も少ないのですが、もっとチェ・ゲバラの生涯については、多くの人に知って貰いたいですね。

とっくのとうに、チェ・ゲバラ自体は死んでいますので、もう叶わない夢になるのですが、ゲバラ本人から、今日からお前がエルネストだ。と言われたい。そんな夢がありましたが、言われたフレディ・マエムラをオダギリジョーで、オダギリジョーは俺で、結果として、俺がゲバラから、今日からお前がエルネストだ。と言われた。と言う長い道のりを経て実現をした事にしておきたいと思います。何を言っているのかが分からない。と言う人が大半だと思いますので、そうした人は姉妹サイトの以下の記事を見て下さい。

朗報!オダギリジョーに俺はなる!

最終的には、母国ボリビアで散る事になるフレディ・マエムラですが、その志は今でもきちんと顕彰をキューバでされています。人を最も大事にする事を掲げているキューバ。餓死者はいなく、教育水準も高く、国境無き医師団に最も医者を派遣している国になります。アフリカとかでは、日本よりも尊敬をされている国ですかね。

カストロとゲバラについては、広島を訪れた事もありまして、その館長が言うには、最も熱心に話を聞いてくれた指導者。との事です。こうして書くと、人民の味方のパフォーマンスとか言う人がいるのですが、選挙をしている民主主義国家こそ、パフォーマンスが必要なのに、そのパフォーマンス能力でも負けている。と言う悲しさしか残らないので、恐らくはパフォーマンスではないんですね。彼らはガチなんですよね。知らない人も多いのがキューバ革命になりますが、まー、知らない人は一度調べて自分の中で結論みたいなものを出して頂ければと思います。

エルネストは無料で見ました

上に掲載をしている姉妹サイトの方で、U-NEXTを一ヶ月見まくってみた。と言う記事を書くのに辺り、入会をして絶賛海外ドラマをみまくっている最中になるのですが、入会時にポイントが付与をされまして、そのポイントを使って、無料で見させて頂きました。

まだ入会している最中で、退会処理をしていないのですが、近日中には姉妹サイトの方で使い方や満足度を記事にしたいと思います。別に今回紹介をしているエルネストではなくても大丈夫なのですが、まだ見放題に入っていない作品でも一本は無料で見れますので、サクッと試してみたい人は以下のバナーをクリックしてみて下さい。

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)


エルネスト (字幕版) 2017 (アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください