機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男

内容紹介

数々のガンダムパイロット、ニュータイプ達を見続けて来た男「ブライト・ノア」の視点から紡がれるガンダムメモリアル! ブライトはアムロを、カミーユを、ジュドーを観て何を思い感じたのか!? その全てが明らかに!!

ブライトからの視点、そしてユニコーンへ

初代ガンダムからガンダムユニコーン、そして閃光のハサウェイまでレギュラー出演をしているのが唯一ブライト・ノアになるのはガンダム好きであればご存じかと思います。他にレギュラー出演をしているキャラクターはいないですよね?ちょっとガンダム自体を見たり、小説で読んだのは大部前になりますが、自分の中でも半信半疑ですが、大体途中で皆、死んでいますからね。

不意打ちでブライトが呼び出されるシーンから始まり、諮問会議が開催をされて、そこからブライト・ノアの回想へと繋がっていく形でストーリーが展開をされていく話になります。ガンダムエースは読んでいなくて、この作品自体を知ったのは、「マフティー・ナビーユ・エリン」などを検索した際に出てきたサイトで書かれていて、ちょっと興味が沸いて購入をしてみました。

結論としては面白いと思います。ちょっと?と思えるシーンもあったりするのですが、まー、細かい事は気にするな。と言う精神で読んで頂ければ良いかな?と思いますね。ジャンルとしてはガンダムの外伝になりますが、数年後にはなかった事にされる事も時々ありますね。個人的にはゼータガンダムの乗るパイロットの話で、ミネバ・ザビと恋に落ちて、どこかに行ってしまう外伝を昔読んだ事があるのですが、ユニコーン・ガンダムの登場で、あれはなかった事になりました。ユニコーンの存在は閃光のハサウェイについても疑義を呈してきているので、個人的には心配ですね。

ガンダムが好きだった読んだ方が良いですね。一冊のみとなりますが、文字数が案外と多くなっています。読み応えとしては充分ですね。この一冊を通して駆け足でガンダムをプレイバックする事が出来る内容です。もう一度ガンダムシリーズを全編通して見たくなる気持ちになりますよ。


機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (角川コミックス・エース) Kindle版

BookLiveで読めます!

こちらの作品はBookLiveと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

Bookliveは便利だね

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください