人に話したくなる世界史

人に話したくなる世界史

人に話したくなる世界史

ちょっと気になる面白エピソードから、世界史を理解する入口がみつかる!メソポタミア-インダスの貿易ルートがなければ、アレクサンドロス大王の大帝国はなかった?ペルシア戦争は“元寇”だった?コロンブスよりはるか前に“新大陸”に渡っていたのは?大航海時代の始まりはアフリカの金が目当てだった?ヨーロッパ商業がグローバル・スタンダードのなったのはグーテンベルグのおかげ?“航海王子”は船酔いに弱かった?『母をたずねて三千里』のマルコはなぜイタリアからアルゼンチンへ渡ったのか?経済歴史学、情報、ソフトウェアの重視など先端の歴史研究の成果を生かした、教科書には載っていない世界史のツボ。明日、誰かに話したくなること必至!【目次】1 アレクサンドロス大王はなぜインダス川を越えられなかったのか?2 ヴァイキングはイスラーム商人と商売していた3 大航海時代の始まりはアフリカの黄金目当て?4 織田信長「天下取り」を支えた東南アジア貿易圏5 グーテンベルグのもうひとつの「革命」6 本当はしぶとかったポルトガルとスペイン7 大数学者フェルマーが保険の基礎をつくった8 大英帝国は借金上手?9 綿が語る「アジアvs.ヨーロッパ」の大逆転10 「中立」がアメリカを大国にした11 蒸気船の世界史――マルコはなぜブエノスアイレスへ?12 「手数料」を制する者、世界を制す13 中国がヘゲモニー国家になれない理由

クソ難しい話だけど、良書

人に話たくなる。と言うテーマをバックボーンに置いている書籍になるのですが、この試み自体については、私には全く響きませんでした。そもそも受験では日本史を選択していて、世界史の授業の記憶自体が、もうすでにないのですが、そのせいもあって、物凄く難しい印象を受けました。誰でもそうだとは思いますが、基本的な基準は自分になりますので、これを他の人が知っているの?と首を横にふらざるを得ないですね。テーマ自体も、貿易になっていて、世界史の授業でも恐らくは扱われていないテーマとなります。その為に、理解をする事自体が難しいです。

ただ、点と点が繋がり始めましたね。

欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

こちらの書籍を同時並行で読んでいたのですが、これが良かったです。欲望の資本主義では、マルクスの労働力の搾取。と言う事が書かれているのですが、現代では想像力の搾取が行われており、想像力がなければ、死だ!と言う過激だけれども、そうなりつつある現代社会に継承をされているのですが、本書となる『人に話したくなる世界史』では、この労働力の変遷が書かれています。

全体的に難しい話が続いている作品となるのですが、最後方となる手数料辺りから、色々と自分の中でガシガシとはまっていきましたね。貿易規模の拡大は、その範囲とスピード、要するにコストによって拡大をしていった歴史があります。これは何となく理解をして頂けると思います。

小さな船で運ぶよりも、大きな船で運んだ方が一般的には効率が良いですよね?効率が上がれば、その分のコストを削減出来る。水が高い所から低い所に流れるように、労働賃金を求めて、人も移動をする。そうした形で経済の規模が拡大を続けてきたのが近代までの歴史になります。ざっくりと言えば、そうした事が本書では書かれています。そしてインターネットの普及によって、情報伝達スピードがより向上をした。それなのに、経済規模が拡大をしていかない。これが今後の課題であり、今の資本主義が直面している問題だ!としているのが、欲望の資本主義で書かれています。

そして、実はこの本を読み終わった後に、『コミック版 逆説の日本史 戦国三英傑編』を読んだのですが、ようやく本当の意味で楽市楽座の理解をする事が出来ました。色々な本を読んできて、ようやく、それぞれで知った知識が結合を自分の中でし始めてくれて、それなとなく興奮状態です。

人に話したくなる世界史(eBookJapan)


人に話したくなる世界史(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください