ほら吹き男爵の冒険

 

ほら吹き男爵の冒険

ほら吹き男爵の冒険

内容(「BOOK」データベースより)
世界各地を旅したミュンヒハウゼン男爵は、いかなる奇策で猛獣を退治し、敵軍に打撃を与え、英雄的な活躍をするに至ったのか。そして海中、地底、月世界をも股に掛ける冒険はいかに成し遂げられたのか。奇妙だが真実の体験が、彼自身の口から語られる!有名なドレの挿画も全点収録。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビュルガー,ゴットフリート・アウグスト
1747‐1794。ドイツの詩人。理性よりも感情を重視する、いわゆる「シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒涛)」の時代に活躍。1774年に発表したバラード「レノーレ」で詩人として名声を得る。文学雑誌の編集人や、ゲッティンゲン大学の講師を務め、ホメロスやシェイクスピアなどの翻訳も手がけた

酒寄/進一
1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。和光大学教授。『犯罪』(シーラッハ)で2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

面白いユーモア

またまたご冗談を。と言う話ばかりになるのですが、それに対してチャチャを入れるのは野暮ってものよ。と言う事を教えてくれる話になります。時折、お前が言うか?と言う突っ込みを入れたくなりますね。

本書を購入した理由としては、ブルーハーツの歌の歌詞に出てくる。あるいは、元になっている。と言う話をチラッと聞きましてね。えー。それで購入をしたのですが、改めてブルーハーツの曲を探しても、それがどれなのか?私にはさっぱり分からないのです。

もしかして、この歌の中で出てくる、ほら男爵ですかね?むしろ、ヘッセの方が強く出ているので、曲は聞いた事がありましたら、このフレーズが出てくるのが記憶から消えていました。

車輪の下もネット通販のカートに入れているのですが、ローカルな通販サイトで書籍は購入をしているので、いつ入荷をされるのか?もう面倒だから本屋さんに行けばありますかね?デーミアンは近々。と言っても早くて年内ですが、読みたいな。とは思っています。

ドイツで有名な、ほら吹き男爵の冒険。これで、ドイツ人とうっかりと会っても、会話をする内容に困らなくなりましたね。え?ドイツ人と話す機会があるのか?って。もちろん、ございますとも。世界中の人間と複数の言語で常に会話をしております。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください