僕はビートルズ

僕はビートルズ

僕はビートルズ

それはビートルズへの裏切り。――2010年から1961年にタイムスリップした、ビートルズのコピーバンド。自分たちのきた時代がビートルズのデビュー前年だと知ったメンバーは、ビートルズになり代わることを決意する。“もし、僕がビートルズより先に『イエスタデイ』を発表したら、僕はビートルズになれるかもしれない”

ビートルズが好きな私としては、かわぐいかいじ、だと言う事を分かっていても買ってしまった作品です。で、案の定あほくさい終わり方をした作品でした。ビートルズのコピーバンドである主人公達のバンドがタイムスリップして、ビートルズのデビュー前の昭和に戻ってしまいます。

ビートルズの曲を歌っている所を音楽事務所の社長の目にとまり、生活の面倒を見てもらい、なんやんやで、ビートルズの曲でデビューをして、大人気バンドとなります。しかし、それによって、ビートルズが世の中に出なくなってしまうのではないか?と言う事が不安になってしまい、歴史からビートルズを殺してしまった事に対しての、罪悪感なども感じる様になり、最終的には早々と解散。ビートルズ本人にも会って謝罪をする。なんて言うシーンがあるのですが、だったら、始めからやるなよ。と思ってしまいましたね。

メンバーも年を取り、タイムスリップした日に戻り、自分達が進めなった未来へと日付が代わるのが最終回となっています。

かわぐちかいじの漫画の主人公にありがちな、中途半端な態度がやはり気に入りませんでした。『ジパング』・『太陽の黙示録』・『僕はビートルズ』と、3連続で、個人的には買って後悔した作品となりますので、もう二度とかわぐいかいじは買いません。

個人的には許せない漫画家は二人居ますが、かわぐちかいじと浦沢直樹は絶対に許さないです。ファンの方はごめんなさい。

【完結済み】僕はビートルズ(eBookJapan)

かわぐちかいじ特集ページ

個人的に利用をしているeBookJapanにて、かわぐちかいじ特集ページがありました。下の画像をクリックして頂ければ、該当のページへと移動をします。eBookJapanの良い点は棚に背表紙管理をする事が出来る事ですね。ちょっとつまみ食いする感じの女性と違っていて、男性の場合には収集癖があると思いますので、そうした心をくすぐられますね。

かわぐちかいじ特集ページ(eBookJapan)


僕はビートルズ 全10巻完結セット(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください