僕といっしょ

僕といっしょ

僕といっしょ

親ナシ、金ナシ、職もナシ。だけど俺らにゃギャグがある!『行け!稲中卓球部』の名匠・古谷実が問いかける、“人生って、何?”――母が死に、養父に捨てられた兄弟=すぐ夫(14歳)&いく夫(小3)。縁もゆかりもなく上京してみた“根無し草”ブラザーズは、シンナー依存症の辮髪(べんぱつ)孤児・イトキン(たぶん14歳)やイケメン秀才・カズキと、チン妙きわまる居候(いそうろう)暮らしをスタート。その手始めとして、出張ホスト会社「ホワイトペニーズ」をおっ立てるが……!?

作者の前作となる『行け!稲中卓球部』の後に連載をされたのが『僕といっしょ』です。絵も十分に見やすいレベルとなっていて、古谷実のギャグも安定感が増した作品。と言う印象を個人的には持っています。人によってはこの作品が一番好き。と言う人も居るのかな?と思います。

家出をした中学生と小学生の兄弟が捨て子のイトキンと出会って、床屋さんに住みつく。と言う話ですが、こちらもラストはあっけない感じで終了した作品となります。このイトキンが次回作品となる『グリーンヒル』にも登場をして、ちゃんと床屋の跡継?と言う訳ではないのですが、ちゃんと床屋の練習もしていたんだな。とちょっと安心させてくれます。

『行け!稲中卓球部』の初期の頃の様な絵柄が物凄い汚い。と言う事はないので、絵柄をそれなりに大切したい。と考えている人でも大丈夫な作品だと思います。その代わりにネタは『行け!稲中卓球部』と比較しても、そんなに変わらない位に下ネタ系です。

【完結済み】僕といっしょ(eBookJapan)
古谷実の書籍一覧(eBookJapan)


僕といっしょ 文庫版 コミック 1-3巻セット(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください