やったろうじゃん!!

やったろうじゃん!!

やったろうじゃん!!

創部3年目にしてベスト8入りを果たした朝霧学園野球部。しかし、のびのびと野球を楽しんでいるこのチームには、甲子園に行くための決定的な「何か」が足りなかった。ある日、そんな野球部の前に謎の新監督が現われ……!?鬼監督・喜多条を迎え、甲子園を目指す朝霧ナインが、理想と現実のギャップを克服し、高校時代の3年間を完全燃焼する姿を爽やかに描いた傑作!!

熱血野球漫画の一つですね。良い漫画です。タイムリーに読んでいた訳ではないのですが、人気もあった作品だと思います。

作者の原秀則の野球漫画は他にもあり、『ジャストミート』なんかがそうですが、こちらはギャグが半分以上で、後半の少しの部分だけが熱血的な感じでしたが、こちらは最初から熱血の作品です。

主人公が監督なのか、初期のキャプテンである加納なのか、早い段階ではありますが、途中から入部してくる怪物ピッチャーの江崎なのか、どれなのか分からないのですがラストシーンなんかでは監督が出ているので、やはり監督が主人公なんですかね。コミックの表紙のキャラクターも全部監督です。でも、指示を出すタイプの監督ではないので、試合が始まるとほぼ空気になります。

野球部の監督に就任して、大物ピッチャー江崎がすぐに加入をしてくれたお陰で、1年目から甲子園に出場を果たしますが、優勝せずに準決勝前に江崎が肩を壊して終了。
全部で19巻の作品となりますが、ここまでが14巻位となります。残りの5巻は江崎が肩を直してリハビリから復活をする話となっていて、じっくりとリハビリに専念したお陰で、翌年の甲子園では初優勝。作品の中では描かれているのは、そこまでとなりますが、翌年も優勝となり、江崎はプロ野球に。初期のチームのキャプテンの加納は、学校の監督として残った様子などが少し描かれていました。

後半部分に、もう少し別の理由で江崎君が復活して貰いたかったな。と思う部分もあるのですが、きちっと終わっている作品となりますし、2年分で全19巻となっているので、コンパクトにまとまっている作品に仕上がっていると思います。
良くも悪くも最近の漫画は長期化する傾向があり、1年目で50巻突破とかになると、正直まとめ読みするにもしんどい作品となってしまいますが、サクサク読み進める事が出来る構成となっています。

大人気だった訳ではないと思いますので、実際に全巻を読んだ人は、そんなに多くはない作品だと思います。個人的には結構オススメ出来る作品です。
今度、オススメ出来る作品だけをラインナップしたページを作成する予定ですが、その時にはこちらの作品も加えます。

電子書籍での購入なら、eBookJapan(やったろうじゃん!!のページ)


やったろうじゃん!! 全19巻完結(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください