犬から聞いた素敵な話~涙あふれる14の物語

犬から聞いた素敵な話~涙あふれる14の物語
犬から聞いた素敵な話~涙あふれる14の物語

愛犬家でなくとも感涙必至の物語14編
犬を愛するすべての人に贈る、人と犬との短編集。
交通事故で脚を亡くした犬と、生まれたばかりの赤ちゃんが一緒に成長していく家族の物語。亡くなったおばあさんの「忘れ形見」の犬とおじいさんとの、さみしくも愛情に満ちた日々のお話し。ずっと一人で生きてきた女性が、被災地に取り残された犬と暮らしはじめて知ったこと・・・・・・。収められた14編の物語は、いずれも、筆者がいぬとクラス知人友人を訪ね歩き、丁寧に拾い集めた実際のエピソードを元に紡がれたものです。第1章は、飼い主から愛犬へー。第2章は、愛犬から飼い主へー。それぞれの目線で、両者の間に通い合う心を愛情深く描いています。
寄り添ってくれるあたたかさ、信じてくれるけなげさ、そこにいてくれるだけでいいと思える愛おしさ。出会いや暮らしはさまざまでも、どの子もみんな飼い主にとってかけがえのない大切な家族です。犬を飼った人ならば、きっと、本書の中で何度も胸が熱くなる瞬間に出会うでしょう。
多くの共感と感動を生んだ30万部超えのベストセラーが待望の文庫化です。
【編集担当からのおすすめ情報】
幼少の頃からも含めると。これまで犬を飼うこと3匹。どの子たちにも思い出があり、思い出す度に思い出し笑いしてしまったり、胸が熱くなったり・・・・・・ドラマなどでも犬が登場するとつい感情移入してしまいます。亡くなった子たちもSNSのアイコンにしたり、と結局、いつまでも私の心の中で生き続けているのですね。本書を読んで胸が熱くなり、不覚にも涙をこぼしてしまいました。愛犬家はもちろん、そうでない人も、こんな時代だからこそ感動の涙を流してみませんか。

最近、文庫化された作品

本屋さんで文庫化をされた作品が置かれていて、興味を持ち、図書館で調べたらあったので、単行本の方を読んでみたのですが、

と言う事になりますので、内容的には文庫版の方が充実をしているみたいですし、購入をされるのであれば、当たり前の話ですが、文庫版の方が半額位になりますので、購入をされる方は文庫版を手に取るようにして頂ければと思います。

内容としては半分は人間から見た犬の話。残りの半分は犬から見た人間との生活の話。と言う感じでしたね。

争い一歩手前にまでなりかねない、犬と猫、どっち派の話で言えば、圧倒的に私自身は犬派となっていて、昔会えば必ず遊んでいた犬がいて、僕を見たら、あー!あいつだ!と尻尾を振って一緒に遊んでくれたのを、本書を読んで思い出しました。

まー、涙活と言う意味でも良いと思いますし、サクッと読む事が出来る、心暖まる書籍を読んでみたい。と言う人にも向いている作品になると思います。個人的には、重い話の作品であったり、小難しく、読み終わっても良く分かっていない事は分かった。と言う作品を読む機会がありますので、そうした作品を読んでいると、どうしても精神的に疲れてきますので、そうしたタイミングで、こうした作品を読んで、気持ちをリセットするようにしています。
実際に読んでも、良かったですよ。本当に素敵なお話。と言う感じになっていました。

犬から聞いた素敵な話~涙あふれる14の物語を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください