自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体(ほほーとなる)

自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体

自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体

帝国陸軍から自衛隊に引き継がれた“負の遺伝子”とは? 日本が保持する「戦力」の最大タブーとは?――身分を偽装した自衛官が国内外でスパイ活動を行う、陸上自衛隊の非公然秘密情報部隊「別班」に迫った衝撃レポート! 別班と三島由紀夫の接点、別班と米軍の関係、海外の展開先、偽装工作の手法、別班員になるための試験問題……災害派遣に象徴される自衛隊の“陽”とは正反対の“陰”の実体!

■帝国陸軍から自衛隊に引き継がれた、“負の遺伝子”とは?
■日本が保持する「戦力」の最大タブーとは?
■災害派遣に象徴される自衛隊の“陰”とは?

・・・・・・・・・・
本書は、身分を偽装した自衛官に海外でスパイ活動をさせている、
陸上自衛隊の非公然秘密情報部隊「別班」の実体に迫ったものである。

「別班」は、ロシア、中国、韓国、東欧などにダミーの民間会社をつくり、
民間人として送り込んだ「別班員」に、ヒューミントを展開させている。

日本国内でも、在日朝鮮人を抱き込み、北朝鮮に入国させて
情報を送らせる一方、在日本朝鮮人総聯合会にも協力者をつくり、
内部で工作活動をさせている。

たしかに、アメリカのDIA(国防情報局)のように、海外にも
ヒューミントを行う軍事組織は存在する。

しかし、いずれも文民統制(シビリアンコントロール)、あるいは政治の
コントロールが効いており、首相や防衛相がその存在さえ
知らされていない「別班」とは明確に異なる。

張作霖爆殺事件や柳条湖事件を独断で実行した旧関東軍の謀略を
持ち出すまでもなく、政治のコントロールを受けずに、
組織の指揮命令系統から外れた「別班」のような部隊の独走は、
国家の外交や安全保障を損なう恐れがあり、極めて危ういといえるのだ。

「別班」はいわば帝国陸軍の“負の遺伝子”を受け継いだ“現代の特務機関”であり、
災害派遣に象徴される自衛隊の“陽”の部分とは正反対の“陰”の部分といえる。

憲法9条をめぐる本格的な改憲論争を控えたいま、自衛隊について考えるための必読書!

問題はどこか?それぞれが考えよう

面白い。本書自体も面白いのですが、Amazonとかのレビューを見ると、真っ二つに分かれるの。反対をしている人の場合には、スパイ防止法とかを出すのですが、スパイ防止法なんて日本でやったら大変だぞ。自民党なんてアメリカのスパイだらけなんだから、いなくなっちゃうぞ。良いの?残るのは多分、共産党だけだよ。

本書が問題として中心に据えているのは、自衛隊の中に、「別班」と呼ばれている組織があり、それを内閣総理大臣や大臣も知らない。と言う事です。その為にシビリアンコントロールが効かない。と言う事を問題にしています。その海外展開をしている証言を聞き出す為に、多方面に取材をしている書籍ですね。

「別班」と言う組織自体に関しては、あるんでしょう。この証言自体は別段、聞き出す事に苦労をしている様子はありませんでした。勿論、物的証拠となると話は別です。ある訳がないじゃん。だって秘密裏にある組織なんだから、基本的には資料では残しません。当たり前でしょう。CIAの職員だって、自分がCIAの為に働いていた。と言う物的証拠は基本的には残しませんからね。

本書の中でも示唆されているのですが、一番の問題はどこか?「別班」自体もそうなのですが、自衛隊自体が、やはりアメリカ軍の下に置かれている点になる。と個人的には思っています。アメリカの為の組織。それが自衛隊。と言う事になっていますので、そこが本当にネックですよね。自衛隊は日本や日本人の為ではなく、アメリカ軍の鉄砲玉として使われる日が来る可能性が高くなっている。この点が日本人としては残念です。

で、「別班」についてですが、海外でも活動をしているのでしょうが、本人がスパイ活動をするのではなく、スパイは現地の人にやらせて、それをまとめている。と言う感じの事が書かれていて、多分そうなんだろうな。と思いました。日本の公務員は高給ですからね。もしも何かあれば、遺族に支払う金額も大きくなりますので、現場でバリバリ。と言う事はしないと思います。

これは、「別班」そのものと関係ないとは思いますが、イスラム国で処刑をされた、湯川君でしたっけ?後藤さんも殺されてしまいましたが、その湯川君の方は販売実績のない武器商人で、家賃も払えなくて、千葉県のアパート。推定ですが、家賃で言えば、6万円程度だと思いますが、それを半年滞納したって、36万円ですが、その家賃を払わないで、中東に行ったのですが、誰が払ったの?バックに自民党の地方議員がいたみたいですが、あれは、危険度を測る為の鉄砲玉だったんじゃないかな?

痴漢だってよ!

うっすらと記憶に覚えているのですが、政権交代をした時に、自衛隊の人達が何人か、痴漢とか、裸で他人の家の庭に入ったとあ、突然自殺をしたりだとか、なんかありましたよね。当時も俺の知らない所で世の中が動いているぞ。と言う気持ちがしたのですが、本書の中でも、キーパーソンから、電車で一番前に並ぶな。それと痴漢に気を付けろ。と言われていて、痴漢にでっち上げて社会的に葬り去るのは伝統なんだね。と思いました。

「別班」を扱った書籍自体は、もう随分前に「別班」に所属をしていたOBの証言などを元に作成をされているみたいですし、そもそも著者は共同通信の人間で、この記録自体が新聞にも掲載をされたらしいのですが、言われてみればそんな事もあったような?と言う感じで、何だかうろ覚え状態で、ほぼほぼ自分の中では初耳でした。

まー、こうした諜報活動をする組織があるのは良いのですが、現状、指揮系統がアメリカじゃない?と思えるのは問題ですよね。仮に総理や大臣が把握をしても、その情報はアメリカと共有をされるでしょうし、自衛隊の発動権も、アメリカが握っているようにしか見えない状態なので、問題は色々とありそうなのですが、解決方法は一旦おいておいて、こうしたのがある。と言うを知ることができたのは自分の中では新鮮でした。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください