自粛バカ リスクゼロ症候群に罹った日本人への処方箋

自粛バカ

自粛バカ

『ホンマでっか!? TV』でおなじみの生物学者・池田清彦氏が放つ痛快エッセイ。自粛警察という同調圧力、感染者は徹底的にゼロを求めるリスクゼロ幻想、なんとなく多数派にのる政府と国民……コロナ禍で明らかになったのは日本の過剰な「ことなかれ主義」だった。他人にも自らにも過剰に「自粛」を求める結果が、現在の日本社会の閉塞感とも言える。日本という国が「後進国」になってしまった原因はここにある。

主に政権支持者に向けたメッセージ

テレビでもお馴染みの池田先生の作品を見るのは始めてになります。歯に衣着せぬ発言についても存じていますし、概ね方向性としては対グローバル資本主義であり、その点については自分とほぼ同じになります。細かい点については分からない点もあるのですが、本書で書かれている事についても、概ね同意をする事が出来る事ばかりでしたね。

ネトウヨと呼ばれている層からも、色々と邪魔くせー事を言われる機会も多いと思いますが、そうした層の分析も作品の中ではされており、これについても完全に同意ですね。パターンとしてはいくつかあるのかな?と思いますが、要するにバカなんだろうね。

作品は口語体として書かれているのと、テレビでも話をしているシーンも何度も見ているので、完全に話をしているかのように、スラスラと読む事が出来る内容となっています。本気で読めば余裕で一日で読めると思います。理解をするのに難解と思える点もなかったのですが、その分として、自分としては、やや拍子抜けでしたかね。

このままでは、特に新しく得るものがないまま終わってしまいそうだったのですが、郡司ペギオなる方の存在を知れたが収穫でした。

私自身も大体マイノリティでいる事が多いですし、その辺りは昔からですね。別にそれが格好いい。とかではなく、マジョリティって、何だかバカが多いかな?と思えるのと、マジョリティにいても、何だか得るものも少ないんですよね。それでマイノリティに気がついたらいるケースが多い。と言う感じです。もちろん、全部が全部ではなく、マジョリティにいると本書でも書かれているように、楽である事は実感として感じますね。だからつまらない。

池田先生自身は、別段マイノリティにいけ。と言う訳ではなく、楽な道と辛そうな道があったら、辛そうな道を選んだ方が良いよ。と学生には言っているみたいですが、これは本当にそうですね。言うのは簡単だけれども、実践をするのは難しいのですが、楽しく道草を食う位の感覚で辛い道を選ぶ人が、もっと増えたら良いと思うのですが、現在の日本人の価値観としては難しいか?

良くも悪くも池田節が全開となっている作品となりますので、ネトウヨと呼ばれている人が、この作品に興味を持つ事自体がないと思います。ただ、本書でも書かれているように、反対の立場の主張もたまには聞いた方が良いよ。と言う事です。

私自身も、その点は気をつけていて、安倍政権を支持している人の作品とかも購入をしたりしたいのですが、最近は本屋さんでも撤去されてきてしまったり、ことコロナ対策については、安倍政権支持者がいよいよ擁護をする点がなくなってきてしまい、黙りを決め込んでしまっているので、意見を聞く事が出来なくなってしまいました。たまに擁護をしている人がいても、斜め上過ぎて、何を言っているのかが根本的に全く理解をする事が出来ない状態です。困ったものだ。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください