競馬最強の法則 3月号(2018年)

競馬最強の法則のロゴ

競馬最強の法則のロゴ

内容紹介

馬券で3億円獲った! 億千万男・真田理の”競馬メソッド”が究明した! !
【フェブラリーSの砂穴】

【馬券儲かる! 2018神ランキング】
・騎手、厩舎の驚くべき馬券データ
・デムルメの馬券はこう買えば大金持ちになれる
・戸崎騎手が人気薄でくる種牡馬ランキング
ほか

フェブラリーS特集


販売はちょっと前ですが、この記事を書いているのは金曜日の夜。と言う事で、今年最初の中央G1となるフェブラリーSの枠順も発表をされましたね。もちろん、雑誌内では、他の競馬に関する事も多数掲載をされています。個人的にはPOGバトルが良いですね。あの緩い感じの対談が好きです。いくる君が加わった事で、対談の厚みも増した印象ですね。

元騎手の安田康彦による、騎手の騎乗考と言うがちょっと前から始まりましたが、現在は工場で家族の為に働いているみたいですね。本人も認めているように、騎手時代はそこまでやる気がなかったみたいで、私も馬券を購入する上では信用出来ない騎手の一人でしたね。位置取りとか関係なく、最後まで追わなかった。と言う印象が残っています。

競馬雑誌自体は他にも、いくつか存在をしていると思いますし、私も月間競馬王は以前までは読んでいたのですが、隔月発行になってしまったり、競馬人口の減少を感じますかね。実際にどれ位の発行部数なのか?と言う点は不明なのですが、競馬王は、ダービースタリオン中心だった頃に愛読をしていて、現在は馬券主軸なので、競馬最強の法則を読むようになりました。馬券自体は以前よりも購入頻度も額も減りましたが、やっぱり面白いですね。好きなものは好きで、一生やる事になると思います。でも、一つのシンボルとして武豊が引退をしたら、辞めるかもしれませんね。馬券としては全く儲けさせて貰えた記憶はないのですが、やっぱり騎手のシンボルマークは武豊ですからね。

競馬最強の法則に期待をしているのは、エージェントの動向ですね。騎手買いの難しさは、この点ですね。エージェント交代で、これまでのデータが使えなくなる可能性が非常に高く、昔よりも競馬の幅が減った気がするのですが、どうなんでしょうかね?

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください