金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿1巻と2巻

金田一少年の事件簿外伝

金田一少年の事件簿外伝

内容紹介

やめろ金田一! みんなの前で俺のトリック暴かないでくれ…!! SNSで大反響! 金田一少年に謎を全て解かれた”犯人視点”スピンオフ!

1巻のあらすじ


やめろ金田一! みんなの前で俺のトリック暴かないでくれ…!! SNSで大反響! 金田一少年に謎を全て解かれた”犯人視点”スピンオフ! 第1巻は、オペラ座館殺人事件、学園七不思議殺人事件、蝋人形城殺人事件、秘宝島殺人事件、そして制作舞台裏を初めて明かす特別描き下ろし『外伝煩悩シアター』を収録!

2巻のあらすじ


艱難辛苦を乗り越えて、殺人劇の幕は上がる…!! …けれどもやっぱりそこには“金田一”がいる…!! SNSで話題沸騰! 謎をすべて解く名探偵が脇役の“犯人視点”スピンオフ! 第2巻は、雪夜叉伝説殺人事件、タロット山荘殺人事件、悲恋湖伝説殺人事件、そして描き下ろしの「おまけ」もタップリ収録!!

個人的には2巻の方が好き


元々の話自体は、もう大部忘れてしまっています。金田一少年の事件簿が流行ったのは、自分が中学生から高校生の頃ですからね。かれこれ20年近い年月が経過をしています。単行本も所持していましたが、その後に引っ越しを何回かしているうちに、売却をして処分をした記憶がありますね。

と言う事で、話自体はかなりのうろ覚えでしたが、ネットなんかで、チラチラと見ているうちに、面白そうだな。と思って、コンビニに寄った際に2巻分まとめて購入をして、移動時間にまとめ読みをしました。結論としては、やっぱり面白かったです。扉絵が良く出来ているので、作者は、さとうふみや本人かな?と勘違いをしていましたね。船津紳平と言う漫画家で、個人的には知らない方でしたし、近くで見たら扉絵も似ているのですが、違う感じでした。

そして、漫画の中身の絵柄は、もっと違う。と言う感じだったのですが、登場人物が誰か分からない。と言うレベルではないです。1巻に関しては恐る恐る書いている印象を受けたのですが、2巻からは悪く言えば悪ふざけの度合いがパワーアップをしているのですが、そこが個人的には面白く感じましたね。

犯人がトリックを作る為に、相当な努力をされているのが良く伝わる作品です。登場人物を同じにして、全く別の作品となるスピンオフではなく、本作の中での流れえを犯人視点から見ていく。と言うスタイルの漫画になります。子供の頃に金田一少年の事件簿を読んでいた人には是非とも読んで頂きたい作品ですね。

BookLiveで読めます!

こちらの作品はBookLiveと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

Bookliveは便利だね

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください