地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県を読んだよ

地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県

地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県

内容紹介
特色も魅力もなく、パッとしない埼玉県。その理由は日本一薄い郷土愛にある?文化もセンスも郷土愛もない埼玉民のB級ライフに迫る。

人口700万人を超える埼玉県。
これだけ人がいれば「特色も魅力も満点! 」のはずなのだが、何だかパッとしない。その理由の一端は郷土愛が薄い県民性にある。
自分たちに埼玉県人の意識がないのだから、色が出ないのも当然だ。ただそれは、「東京のベッドタウン」として発展してきた県の特性にも起因している。

そもそも、新住民の「埼玉都民」と、かねてから埼玉県に住む旧住民には、地元への愛着度に大きな差がある。
なのに県内には、地元意識の薄い埼玉都民が増える一方で、加えて外国人も激増中。
これでは郷土愛が高まるわけもなく、そもそも「これぞ埼玉! 」って胸を張れる文化がないところも痛い……。

本書はビミョーな埼玉ライフや住民格差の実態、各地で浮上しているさまざまな問題点を取り上げ、埼玉県がどうしてパッとしないのか? その真実に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)
本書はビミョーな埼玉ライフや住民格差の実態、各地で浮上しているさまざまな問題点を取り上げ、埼玉県がどうしてパッとしないのか?その真実に迫る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
松立/学
1972年、茨城県生まれ。地図本、宇宙、絵画、競馬に競輪…と何でもありの理系編集者兼ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

グーの音もでねー

埼玉県のイメージであったり、人口比率で言えば、埼玉都民の方が多くなりますので、どうしても浦和とか大宮とか、東京に依存している人達の声が大きくなってしまい、自立している川越や熊谷辺りの声が小さくなりますね。埼玉県の南部と北部では、埼玉県民からしても、色が違う感じですよね。県北の人でミネラルウォーターなんて買っている人、見た事がないけど、割りと南部では当たり前でしょう?要するに意識高い系が南部には多くて、北部は割と気にしない人が多い感じです。

この辺り、東京に近い距離にある関係もありますし、今でも人口が増え続けている、特殊な県が埼玉県になりますが、別の所で育って、東京で仕事をするようになって、仕方なく埼玉県に流れついた人に、郷土愛を求めるのが無理ですな。

でも、この人口が増えているのも問題でして、日本人が増えている訳ではなく、移民が増えているんですね。この辺り、埼玉県民の私としても、川口とか何のゆかりもないのですが危惧しています。事は川口では済まないで、確実にそれ以上に広がっていくでしょうし、うちの近所でも、東南アジア系の人も増えていますからね。

少なくても、近所では、トラブルは聞いた事はありませんが、今後増えていくでしょうから、ちょっと心配ですね。

書籍に書かれている内容ですが、概ね、はい。としか言いようがない事が書かれています。埼玉県民が一致団結をする可能性についても、上述をしているように、南部と北部では住んでいる県民の質が違うのが原因だと、個人的にも思いますね。私は東松山に住んでいますが、東京とか、何の用事もないですし、別に行きたいとも思わないのですが、南部の人は近いのもありますし、仕事で定期も持っているので、休みの日に行きやすく、結果的に、自分の近所周辺を見る事も少ないまま過ごしていき、埼玉って何もないよね。となるのですが、うん、まー、南部は元々歴史もあまりない土地柄ですからね。

行田市とかは、関東東国があったとか言われている場所にもなりまして、そこら辺を歩いていても、古墳が出て来るファンシーさを持っている土地になりますし、ちょっと前にも小麦作って、うどんをくいまくっていた地域にもなりますから、歴史も結構ありますし、子供の頃から、そうした教育を受けるので、別に何もないとは思わないんですね。

南部の方が北部の方と強調をして、何か一緒にやっていこう。と言う雰囲気になれたら、埼玉県も一つにまとまる事が出来るのかな?とぼんやりと考えています。北部が南部に歩み寄るのは、多分無理です。だって、自分で米を作って野菜も自給自足出来るような環境になりますので、そもそもそんなに助けがいる地域ではないのですからね。

埼玉県は未だに総理大臣を輩出していないのですが、それもあってか、地域をまとめる腕力を持った政治家が出なかったのかもしれませんね。群馬とかは、凄いよね。金権政治と言えば、群馬様には叶いません。と思っていますが、こうした群馬よりは良い。と思っている点が埼玉県だ!


地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県 文庫(Amazon)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください