事実は小説よりも奇なり(黒瀬深の話)

事実は小説よりも奇なり。とは良く言ったもので、今回の件、そしてDappiの件も含めて、反知性主義界隈が少しは落ち着いてくれる事を期待したいのですが、アホが世の中には多過ぎるので、試しに書いておきましょう。どんな小説よりも面白い内容ですからね。

ネトウヨの皇帝、学歴と実家暮らしを暴露される

まず、ネトウヨの皇帝と称されていた、黒瀬深の面白エピソードについては、各自で勝手に調べて下さい。記事については、問題点の整理と個人的な解釈のみに留めておきたいと思います。分からない部分があれば、各自で調べて頂く方向で。

今回のフラッシュの記事で黒瀬深の個人情報がー。と言う方が一定数いますが、学歴と卒業年度。父親の仕事と家族構成。これ位の内容で、赤の他人である私のような人が、黒瀬深を特定する事は、まず不可能ですね。そもそも法学を学んでいる訳ではないので、個人情報の基準についても分かりませんが、以下の記事を見ると、記事を書いた松田隆さんがプリプリと怒っているのは伝わってきます。

私自身としては記事を読んだ上で、じゃあ、むしろ本名を公開しても良いんじゃない?位の感想を持ちましたね。記事を書いた松田隆さんは、今回の件を室井佑月の裁判限定での話をしているのですが、要するに黒瀬深がこれまでに何をやってきたのか?それを全く知らないし、知ろうともしていないで、部分だけを切り取って記事を書いているのでしょう。

仮にこれが室井佑月の件のみであれば、確かに学歴までを公開して、身内に近い人間であれば、気がついてしまうレベルの情報公開は、やり過ぎかも?となるのですが、黒瀬深はこれまでに悪行の数々を繰り返してきていて、かつ現在進行形になりますので、最終学歴を暴露する位は、当たり前のレベルで、むしろ本名なり、姿や形ぐらいは公開をしても良いレベルなんですよね。

それを下に書いていきましょう。

詐称の仕方が詐欺師のそれ

フラッシュの記事にも書いていますので、書いてしまいますが、黒瀬深と言う中の人は最終学歴は桃山学院大学卒だそうです。偏差値と言う観点から言えば、いわゆるFラン大学と言われている所で、名前を書けば受かるんじゃない?と言うレベルの大学らしいです。関東の人間に私自身がなりますので、申し訳ないけれど、そんなクソみたいな大学は知らないし、自分自身も受験をしましたが、偏差値で言えば50以下の大学なんて覚える必要すら感じませんでしたね。

で、当の本人である黒瀬深は自分の学歴について、何と言っていたか?東大卒と言っていたんですね。その他にもアメリカの大学で学んだ経験もあり、社会人としての実務については、海外での事業立ち上げも複数行っており、投資での年収は一億円。その後に投資が上手くいき、年収は二億円となり、タワーマンションに住んでいる。と言う話もしていました。

それだけであれば、ホラ吹き小僧が永遠に手に入る事がない夢をホラ吹いて語っている。と言うだけで済んだのですが、彼はこうした学歴・経歴詐称をして、それを商売に繋げようとしていた。だから悪質であり、詐欺師的である。と私はハッキリと書いておきます。それ故に学歴を公開しても何の問題もない所か、社会的な公益性も考えると、むしろ本名公開をしても良いと思います。

実例を見てみよう

厚顔無恥と言うか、まー、運営をしているnoteサイドも、詐欺の片棒をかついでいる訳ですからね、倫理なんてない会社なんだろう。と言う話なのですが、多数の有料記事が販売をされています。

上記リンク先には有料記事と無料記事が、混在をしていますが、有料記事の中には以下のようなものがあります。

  • 「持ち家VS賃貸」に決着!投資家が不動産について語り尽くす!
  • 数千冊読んだ私が実践、人生が変わる最強の読書法!
  • 【投資】初心者がハイリスク・ハイリターンな投資をして”唯一”勝ち目がある方法。
  • 「投資なんて難しいから自分には無理だ」と思ってる人、5分だけこの記事を読んでくれ。

どうでしょうか?東大卒を名乗ったり、早稲田の事をバカにしていたりと、色々とあるのですが、一部では彼は学歴コンプレックスを持っている。と言う話もありますが、私自身は違うと思います。

本来、彼はネトウヨの皇帝ではなく、こうした有料記事をバンバン売って、左団扇の生活を送りたかったのだと私自身は推測をしています。その為に、情報商材にハクを付ける為に、東大卒と言ったり、様々な事業立ち上げを行った。と嘘を書いていたのでしょう。そして、それは詐欺師的なやり方なんですよね。もう詐欺師で良いか。

実際にタイトルを見ても分かると思いますが、社会一般として購入をするかどうか?を決める際に、学歴や経歴が左右する決めてになる商材。と言っても良いでしょう。

端的に別の言い方をしてみましょう。

『東大卒で海外事業を複数立ち上げた私が実践をしている、人生が変わる最強の読書法!』
『桃山学院大学卒で実家暮らしの私が実践をしている、人生が変わる最強の読書法!』

どうですか?下の方であれば、買おうと思いますか?まー、上の方が売れるでしょうね。しかも、実年齢が暴露をされましたが、有料記事を書いたのは23とか22とかの年齢ですからね。学校出たばかりの桃山学院大学卒の坊主に何か教わりたいと思いますか?思わないでしょう?

これ、一般書籍で壮絶に著者のプロフィールで、このレベルの嘘が書かれていたら、出版社が自主回収して、謝罪をするレベルですよ。noteについても会社が今でも販売をしているのが、一企業としての倫理観が問われていますが、やはり本人が一番悪いのは間違いないですよね。

ただし、記事にもなっている以上、彼が投資をしていたかどうか?真偽については、限りなく偽りの度合いが高くなる訳ですから、大いに譲っても誤解を招く表現を本人がしてきた訳ですから、noteを運営している会社としては、自主的に、購入者への返金、および、黒瀬深に支払った代金の返金を本人に求めるべきではないでしょうか?

被害はあまりなかったと思う

現実問題、noteや黒瀬深が読んでもない書評ブログについては、ほとんど売上はなかったでしょう?これは理由としては二つあります。

一つは黒瀬深の経歴が滅茶苦茶である事を指摘していた人が一定数いたから。この辺りに関しては、黒瀬深のお友達と思われるネトウヨが指摘をしている事はほとんどありませんでしたね。

もう一つの理由としては、あまりにも詐欺的な黒瀬深の事を信じてしまう人は、根本的に頭も悪ければお金も持っていないから。この二つが理由として考える事が出来るでしょう。

と言う事で、被害者であったり、被害額が少なかったのであれば、良いではないか?と言う話には決してなりません。一人でも黒瀬深の学歴や経歴を信じてしまった人が購入をした以上、それは詐欺と言っても差し支えない事でしょう。

前述をしているように、現時点でもnoteでは学歴や経歴が販売に説得力を持つ形になる有料記事が販売をされています。個人情報がー!と言う事で黒瀬深を擁護している連中に関しては、この件に関して決して触れようとしないのですが、室井佑月との裁判に関しては、外野がどうこう言う事ではないのですが、現在進行形で不特定多数に向けて、学歴・経歴詐称をしている人物の記事が有料で販売をされている事から、大学名と経歴を類推する事が出来る年齢を公開する事は、公益性に適う。と個人的には思います。

女の子を誘いだそうとする黒瀬深

これ、本当に本人なのか?分からない部分もあるのですが、総合するとFラン大学の人が皆がそう。とかは勿論言いませんが、それとは関係なく一定数はいる。後先の事を何も考えていない、すげーアホ。と言う事でしょう。

いちいち上げたらキリがないのですが、黒瀬深自身が、これまでにも多数の過激な発言をしています。自身のオフ会の開催に絡む話であったと思いますが、相手に対し訴訟を起こして、人生を終わらせてやる。と言う旨の発言をしていたり、今回擁護をしようにも、それをお前には適用させたくないな。と思えるだけの事を散々言ってきましたね。

擁護をしている連中は、主にネトウヨになるのですが、ストレートに言えば、皇帝の学歴がFランであった事が悔しいのでしょう。

個人的には、学歴なんてどうだって良いんですよ。黒瀬深。と言う個人の話だけで言えば、非の打ち所がないレベルのバカである事は、フラッシュの記事を読む前から充分に分かっていた訳ですし、フラッシュの記事では、『懇願します』を連発していたみたいですが、自分から現在進行形で懇願します。と言う単語は使いません。日本語が不自由な愛国者の典型ですよね。

問題は、繰り返し書いているのですが、学歴・経歴詐称をして、自分自身への商売に繋げようとしていた、詐欺的なやり方。堂々と桃山学院大学卒の20台前半として考える投資方法。とかでやっていれば、何も問題はないですし、私自身も、こうして記事を書く事はなかったでしょう。

ドキドキ・ワクワク!

上でも紹介をしている、松田隆さんのサイトに書き込みをしたのですが、いかんせんネトウヨの巣窟。反映されるのかな?ドキドキ、ワクワクです!

書いた点は二点。黒瀬が学歴と経歴詐称をしている状態でnoteでの有料記事を販売している事をどう思うのか?その点を考えれば、学歴や経歴と関連をしやすい年齢の公開は問題がないであろう。むしろ公益性が高いのでないか?

その他、フラッシュの記事が記者名がない事をコメント欄の人も含めて叩いているけれども、フラッシュは会社名も隠していないし、代表者も隠していない。記事の責任は編集長が取るべきもので、掲載を許可したのあれば、記者名が必要とは思えない。と言う感じの事です。

そりゃそうじゃない?フラッシュの記事を書いた記者はフラッシュ編集部のサラリーマンで仕事としてやっているんでしょう?個人的な趣味で書いたものが掲載をされた訳ではないでしょうから、記事の責任はフラッシュ編集部に所属をする訳で、雑誌であれば発行人と編集長だよ。

都合が悪い事を指摘してしまっているので、書き込みをしたコメントについては表示をして貰いかもしれませんね。

何があったか知らんけれど、卑怯者と言わせて頂く事にした(18日木曜日に追加)

上でもリンクをさせて頂いている、『黒瀬深氏の個人情報公開は許されるのか』について、上の部分でも私自身がコメントをした事を記載させて頂きました。

こちらの段落は追加文言となりますが、記載をしているのは、18日(木)の12時過ぎになります。上記サイトへのコメントの書き込みをしたのは、こちらの記事を投稿したタイミングと時間的にはほぼ同じになりますので、15日になります。時間は午後で17時ぐらいかな?丸々二日間もコメント欄への承認も出来ない位に忙しかったり、コメントが殺到をしているのでしょうかね?

未だにコメント欄に反映をされていません。コメント掲載の基準がどうなっているのか?こちらでは分からない部分があるのですが、すでに掲載をされているコメント文言を見る限り、極めてレベルの低い悪口も平然と通過をしているので、コメント欄への承認基準はさほど高いものではなく、私自身の書き込みが抵触をした。とは考えられません。

要するに、都合が悪い事を書いてしまったので、編集長である松田隆氏が黙殺をした。と理解をしておきます。まー、コメント欄を見る限り、反知性主義のマスターべーションのサイトだった所に、火の玉ストレートのコメントをしてしまった私が悪いのかもしれません。

とりあえず、卑怯者の集まりのサイトと個人的には理解をしておきます。
丸々二日間待っても、承認されないのであれば、まー、前述をしている認識を私自身は持ちましたので、もう確認をしませんので、松田隆さん、悪しからず。

擁護派の変遷

理解出来ない事として、擁護をしている連中の半分ぐらい(感覚的にね)は、黒瀬深の事なんて興味がないが。とか知らないけれど。とかエクスキューズを入れてくるんですよね。それでいて、米山を批判するの。米山が国会議員になる前の6月の時点を引っ張ってきて、現役の国会議員が個人をスラップ訴訟をしている!けしからん!こんな感じですかね。でも、米山は室井佑月の弁護士として訴訟に参加をしているだけだし、当時は国会議員でも何でもないんですよね。

とりあえず、その嘘がばれたり、フラッシュの記事で個人情報の特定が!とか言い出したのですが、フラッシュの記事を読んでも、黒瀬の本名も自宅住所も、現在は何の仕事をしているのか?何も分からないんですよね。要するに無理筋。それにフラッシュの記事に対して文句があるなら、光文社に言えば良いじゃんね?何故か米山に詰めよるの。米山、フラッシュの記事と関係ないじゃん。

そして、ついには米山が開示請求が通った。と言うツイートをした事が問題だ!と言い出しているのが現時点です。お?どうしてだろう?と思ったら、そんな事を言ったりしたから、フラッシュが調べてしまった。と言う事だそうです。これも無理筋ですよね。弁護士として業務の上で知り得た秘匿すべき情報なら米山に問題がありますが、告知をしても問題のない業務告知をしただけでしょう。

しかも、当時からバトルをタイムリーで見ていましたが、黒瀬の小僧は大したもんだよ。米山と室井佑月に指摘をされても蹴り飛ばして、謝れば許してやる。と寛大な精神を見せる室井に対して、再度蹴り飛ばす。開示請求が通ったあとも、米山を煽る煽る。煽る為に作成をした記事が今でもnoteにありますので、見たい方は上からどうぞ。

その後は一時的に意気消沈をして、自殺を仄めかして、住所を知っている米山が、どうせ嘘だろうけれども本当だったら困るから。と言う事で警察に黒瀬の住所を伝えて、無事に黒瀬の自殺を阻止。米山が業務の上で知り得た秘匿すべきであろう情報を、始めて外部に漏らしたのはこの時だけなんじゃい?伝えた相手は警察ですけれど。

この点についてね、米山はけしからん!折角、黒瀬が自殺をする所だったのに!と言う事で怒る人であれば、それは筋が通っているかもしれませんね。

と言う事で、米山と室井に対しては何の感情もないのですが、とりあえず優しいよな。俺がうっかり米山や室井で黒瀬に同じ事をされていたら?選挙で出馬をして国会議員になったりしたら、ごちゃごちゃと五月蝿いカスが集まってくるだろうから、出馬を取りやめて、徹底的にボコボコにするよ。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください