昭和不老不死伝説 バンパイア

昭和不老不死伝説 バンパイア

昭和不老不死伝説 バンパイア

不老不死生命体バンパイア・マリア―。その存在を“神”として愛する男・十文字篤彦、“人”として愛する超能力少年・本田昇平、そして彼女の生命力の謎を探る秘密結社・比丘尼クラブ…。愛か? 欲望か? 一度きりの人生を賭けた熱き戦いが今!!

もう少年誌ではお目にかかる事は難しいんですかね。徳弘正也の『昭和不老不死伝説 バンパイア』の紹介です。徳弘正也と言えば、ジャングルの王者ターちゃんを上げる人がほとんどだと思います。世代によっては多少は違うのかもしれませんが、このターちゃんが一番のヒット作品でしょうね。

『昭和不老不死伝説 バンパイア』では作者の写真が掲載をされていますが、作中で良く登場をしている絵とは違って、落ち着いた感じの紳士的な男性みたいですね。

作品の内容としては、同じ遺伝子を引き継ぐ子供を繰り返し出産をする事で、実質的には永遠に生き続けるマリアと言う女性が登場をしていて、それを守る為に超能力を身に付ける本田君との話なのですが、作者の第一巻のコメントにも書かれているのですが、作者自身が日ごろなんだかな。と思う事を漫画の中に描いている作品となっています。

ギャグ要素。と言うよりも、1巻に付き数回はセックスシーンが描かれているので、徳弘正也テイストとしては盛り込まれている作品となっていますが、話としては重目の内容となっている漫画です。

この作品もそうですけど、上手く言えないのですが、最近は現代社会の抱えている葛藤などを描く漫画家が増えていますよね。そうした漫画を書いている漫画家は、多くが初期の作品はギャグ漫画と言う点が個人的には面白いですね。小林よしのり・古谷実なんかもそうですね。

『昭和不老不死伝説 バンパイア』自体の内容ですが、個人的には面白いと思いました。こうした漫画を読んで面白いと感じる様になった事自体、自分も老いたな。と言う事になるんだと思います。肩の力を抜いて頭を真っ白な状態にして漫画を読みたい。と言う人には向いている作品ではないと思います。人間の業が根底となっている漫画なので、そうしたテーマの漫画でも楽しく読める人向け。と言う感じです。

ちなみに『近未来不老不死伝説 バンパイア』が続編となっていますので、合わせて読む必要がありますので、『昭和不老不死伝説 バンパイア』が全5巻、『近未来不老不死伝説 バンパイア』も全5巻となっているので、どうせ読むなら両方を読んだ方が良いですね。ちなみにこの原稿を書いているのは『昭和不老不死伝説 バンパイア』を読んだ直後です。

【完結済み】近未来不老不死伝説(eBookJapan)

近未来不老不死伝説 バンパイア

近未来不老不死伝説 バンパイア


こちらが『近未来不老不死伝説 バンパイア』について紹介をしているページになります。併せて読んでみて下さい。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください