漫画家たちが描いた日本の歴史 古代・王朝絵巻

漫画家たちが描いた日本の歴史 古代・王朝絵巻

漫画家たちが描いた日本の歴史 古代・王朝絵巻

内容紹介
教科書では学べない、人々の息づかい、生きた歴史がここに―――

出版社、掲載誌の枠を超えて収載した奇跡のシリーズ第2弾は「日本の歴史」。
時代時代に生きる人々の生活やできごと、事件。
学びの対象となった歴史の中で、まるで止まってしまったように見えるそれら人々の存在を漫画で描くことで、漫画家たちは再び躍動する生命へと変えました。
基本的な史実はおさえつつ大胆な脚色を加えた漫画ならではの物語は、
人間の息吹や喜怒哀楽、戦場の血なまぐささまで、読者に五感で歴史を感じさせます。
漫画家たちが描くと歴史はこんなにおもしろくなるのです。

日本人が稲作を始めるようになった話から平安時代まで。
【収録作品】
■ 水木しげる『最初の米 よみのくに』
■ 近藤ようこ『やまとをぐな』(「恋スル古事記」より)
■ 楳図かずお『さなめ』(「イアラ」より)
■ D・キッサン『オカンとボクと、時々、オトン』ほか(「千歳ヲチコチ」より)
■ 永島慎二『ふるやのもり』
■ 木原敏江『筒井筒』(「伊勢物語」より」
■ 白土三平『鬼』(「忍法秘話」より)
■ 岡野玲子 夢枕獏・原作『梔子の女』(「陰陽師」より)
■ 手塚治虫『つるの泉』

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中野/晴行
和歌山大学経済学部卒業後、1993年に『手塚治虫と路地裏のマンガたち』(筑摩書房)で単行本デビュー。『マンガ産業論』(同)で日本出版学会賞奨励賞、日本児童文学学会奨励賞を受賞。『謎のマンガ家・酒井七馬伝』(同)で日本漫画家協会特別賞を受賞。京都精華大学マンガ学部客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

『さなめ』が気になる作品でした

楳図かずおが描いている『さなめ』、こちらは本当は続編があるみたいですが、こちらの書籍には掲載をされていませんでしたが、これが面白かったですね。続きが気になりました。

水木しげる先生のパートでは、米の話になるのですが、命がけで”もぎ”が取ってきたので、そこから”もみ”と米を呼ぶようになった。と書かれているのですが、何で”もぎ”にして上げなかったのでしょうかね?ちょっと良く分からないです。変化させる理由が不明過ぎますね。

古代・王朝絵巻と言う事で、何言っているんだ?こいつ?と言うシーンがどうしても多いです。現代人の感覚とは少し違う形ですね。

これはシリーズ通しての特長になるのですが、色々な漫画家が、この作品の為に書いた作品が掲載をされている訳ではなく、それぞれを集めて一冊にしている形式になりますので、一貫性が根本的にありません。その為に読んでいてちぐはぐな印象をどうしても受けます。

はっきりと書いてしまうと、寄せ集めのくせして、偉い定価が高いのですが、皆さんの自治体の図書館で大体置いてあると思いますので、そうした場所で借りてサクッと読む程度で充分だと思います。

この商品をシリーズ全巻通して新品の定価で購入をしていたら、たぶんブチ切れていたと思いますが、上述をしているように、『さなめ』が気になる。まことちゃん以外にもこんな作品を楳図先生が書いていた事自体を知りませんでした。


漫画家たちが描いた日本の歴史 古代・王朝絵巻(Amazon)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください