メディアが動かすアメリカ

メディアが動かすアメリカ

メディアが動かすアメリカ

内容(「BOOK」データベースより)
テレビ、ラジオ、新聞、映画、ネット。メデイアはいかにアメリカの政治を動かし、また動かされてきたのか。テレビニュースの舞台裏、トランプ大統領を生んだリアリティテレビ、FOXニュースに潜入したスパイ、鋭い政治風刺を繰り広げるコメディアンたち、そして大統領選の行方をも左右する移民メディア―。アメリカのテレビと選挙の現場を知り尽くした著者が解き明かす、メディア大国アメリカの知られざる本当の姿とは!?
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
渡辺/将人
1975年東京生まれ。シカゴ大学大学院国際関係論修士課程修了。早稲田大学大学院政治学研究科にて博士(政治学)取得。米下院議員事務所、2000年大統領選陣営ニューヨーク州支部・上院選本部、テレビ東京報道局経済部「WBS」、政治部記者などを経て、2010年から北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授。その間、コロンビア大学フェロー、ジョージワシントン大学客員研究員、台湾国立政治大学政治学系訪問学者、ハーバード大学国際問題研究所客員研究員を歴任。専門はアメリカ政治。受賞歴に大平正芳記念賞、アメリカ学会斎藤眞賞ほか。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

白人ナショナリズムの渡辺先生の最新作品

結果として、タイムリーな形になった白人ナショナリズムの渡辺先生の最新作品となります。丁度読み終わって間もない頃に、黒人が警官に殺害をされて、大規模なデモへと展開をされていきましたね。日本では一部の方々がデモはテロが主導をしている。と言う、良く分からない立場を取り、テニスの大坂なおみに、これまた良く分からない批判をしている人も多かったですね。

面白かったのが、安倍総理が大坂なおみさん、優勝おめでとう!と言っても反応がなかったのに、自民党の安倍総理の子飼いが同じ発言をしたら、噛みついてくる輩がいた事ですね。飼い主には忠誠を誓うのが犬の誇り。どこにプライドがあるのかサッパリと理解出来ません。取りあえず白人ナショナリズムについてもすでに読んでいます。

白人ナショナリズム

今回はアメリカのメディアの歴史について、主に報道となりますが、解説をしてくれています。一言で報道と言っても、現場ではいくつかのパターンがありまして、それについても解説をしてくれています。時代的にもアンカーマンでしたら分かりますし、それを意識して始めたのが日本であれば久米宏の番組だったと思います。

日本では馴染みがありませんが、パンディットと言われる役割の方がいるみたいなのですが、この辺り、日本であれば、何になるのでしょうかね?御用記者ですかね?田崎さんとか、特定の政党の為に出演をしている方とか日本のメディアには溢れていますよね。

エスニックメディアとか、アメリカならではになるのですが、実際に毎日発行をされている訳ではないのですが、ある程度の規模の日本人が住んでいるエリアであれば、日本人向けのフリーペーパーなんてものも発行をされていますよね。ちょっと前にインドネシアに行った時に見かけました。駐在員と家族向けで、日本人会に入りませんか?とかのコミュニティなどについても募集をされている内容でしたね。

読んでいて思ったのは、やはり風刺ですね。アメリカではシンプソンズを始め、今であればブラックユーモアたっぷりのアニメ番組もあったり、政権だろうがなんだろうが、権力者に対しての風刺が行われていますが、それについての寛容性はありますよね。それがアメリカの強い所だと思います。所謂弾力性ですね。

日本の場合には、タレントが自民党のその制作、気に入らないわ。なんて言った日には親衛隊が大量に終結をして意見を封じる動きがあり、真逆に見える道を歩んでいますね。こう言う事を書くと、中国と比べるとマシとか、嫌なら日本から出て行け。と言う、自民党が好きで好きでしょうがない親衛隊が来るかもしれませんので、これ位にしておきましょう。

渡辺先生の書籍の魅力ですが、実際にアメリカに住んでいて、アメリカの政治回りで働いていた経験もある。やはりこれに尽きると思います。ある程度、キャリアを積んでからアメリカに渡った特派員とは違って、学生の頃からアメリカに渡っていて、むしろキャリアを積む為に、一旦日本に戻ってきて、アメリカの情報ないか?となると、渡辺さん行ってきて。と言う具合になっている印象です。

白人ナショナリズムについても売れたみたいですし、今回の書籍についてもベストセラーになっているみたいなのですが、こうした現場を知っていて、かつクールに書籍としてまとめる事が出来る著者は、やはり魅力がありますね。これからも注目をしながら、新作が出たら購入をしていきたいと思います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください