もっとさいはての中国

もっとさいはての中国

もっとさいはての中国

内容(「BOOK」データベースより)
中国本土14億人。世界の華人6000万人。中国人観光客1.5億人。分け入っても分け入っても、中国人はそこにいる。では彼らは、その地に何をもたらしたか。ケニアに敷設された“中華鉄道”からサバンナを見学し、カナダでは秘密結社チャイニーズ・フリーメイソンを直撃!ニューヨークでは国際指名手配実業家へのインタビューに成功する。大反響の『さいはての中国』に続くシリーズ第2弾。ようこそ、「異形の中国」ワールドツアーへ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
安田/峰俊
1982年、滋賀県生まれ。ルポライター。立命館大学人文科学研究所客員研究員。立命館大学文学部卒業後、広島大学大学院文学研究科修士課程修了(専攻は中国近現代史)。著書『八九六四「天安門事件」は再び起きるか』(KADOKAWA)で城山三郎賞、大宅賞をW受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

安田さんも牙を読んでる

安田さんも牙を読んでる

安田さんも牙を読んでる

アフリカの中国を訪ねているのを知っていたのと、著者である安田さんの書籍は何冊か読んでいますので、決して硬い本ではない。と言う予感はしていたので、事前に三浦さんの『牙』を読んでおきました。そうしたら、安田さんも事前に読んでいたんですね。そりゃそうか。と言う気持ちなのですが、何だか自分が好きな著者が、もう一人の好きな著者の作品を読んでいたのが分かり、ほっこりとしました。

牙: アフリカゾウの「密猟組織」を追って

一番面白いのはマッドマックスだ!

ちょっと最後の方はタイミングが悪い感じですね。タイムリーに読んだら10の興奮だとしたら、えーっと、、そもそも誰ですか?と言う感じで、興奮度としては3とかなってしまっています。それよりも中国の文化と言っても良い、村人同士のそこそこの戦争。これが面白かったです。

これ、著者の安田さんには申し訳ないのですが、個人的には、そんなに真面目に中国に取り組んで欲しくないんですよね。香港デモの時には、現在の中国関連のエースライターとして、しっかりと派遣をされていましたし、言い切り込み方の文章で興奮させて頂きいたのですが、基本的にはエロ中国の情報発信を多めでお願いします。と言う感じなんですよね。

なので、中国の中の恐竜オタク(立派な学者)とか、この辺りは本人の完璧な趣味も合わせていたみたいですが、そうした記事は良いですよね。

でも、ちょっと前作よりもパワーダウン。と言うのが率直な本音。静かな場所で本書は読みましたので、一日で読破をしたのですが、残る物は個人的には少なかったです。マッドマックスが自分の中でのピークでした。

安田先生の作品で、真面目な作品であれば、8964がオススメ。さいはてシリーズであれば、前作がオススメです。

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか(面白い)

さいはての中国はオススメ度高いです

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください