映画『億男』は結構面白い(バンバン、ネタバレしています)

映画『億男』

映画『億男』 画像引用:映画.com

映画プロデューサー・川村元気の同名ベストセラー小説を佐藤健&高橋一生共演、「るろうに剣心」シリーズ、「3月のライオン」の大友啓史監督のメガホンで映画化。3000万円の借金を残して失踪した兄に代わり、借金返済に追われる一男。借金苦の日常に愛想を尽かした妻は娘とともに家を出てしまった。そんな不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込む。この大金で借金返済、家族の修復と、一発逆転を夢想するが、ネットで悲惨な人生を送る高額当選者の記事ばかりが飛び込んでくる。不安になった一男は、起業して億万長者となった大学時代の親友・九十九にアドバイスをもらうため、九十九を訪ねるが、酔いつぶれて目が覚めると、九十九は3億円とともに姿を消していた。一男役を佐藤が、九十九役を高橋が演じるほか、藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザらが顔をそろえる。脚本は「ドラゴンクエスト」シリーズの開発などで知られる渡部辰城。

正直期待をしていなかった

正直、55点から60点位の映画だろうな?と思っていたのですが、80点位は自分の中でいきましたね。あまり精神的なハードルを上げてしまうと良くないかもしれませんが、リラックスして見る分には、非常に良い映画でした。

ネタバレ情報も書いていきますが、まずは自分が感じた点数を公表しておきました。

大まかなストーリー

パーティーシーンから始まり、うーん。一度も出た事もなければ、出たいとも思わないなー。と考えていたのですが、とんでもなく可愛い子がいる。と思っていたら、池田エライザでした。おー。これが池田エライザかー。となりましたね。最後のエンドロールで知りました。

冒頭に宝くじで当選した3億円が友人であった九十九に取られてしまう所から始まるのですが、その後は消えた九十九を探す為に、九十九が創業をした会社の旧役員であったり秘書に訪ねていく。と言う形でストーリーが流れていきます。その過程で九十九と主人公の関わりとかも明らかになっていきますね。

落ちとしては具体的なイメージは抜いておいても、ある程度は途中で読む事が可能ですね。一応は持ち逃げをしたかもしれない。と言う事を匂わせてはいるシーンがあったりしますが、(事業がイマイチ。とかですね。)関係者の話とかを聞いている分には、3億円を盗む程、困っても居なければ、そんな奴じゃないのは、すぐに分かります。

本編の主人公である、一男も、そこまで必死にお金を取り戻そうともしていないです。一応は足跡を追っているのですが、盗んだ?と言うよりも、何で黙って持っていったの?程度の感じです。

結論としては、いきなり大金を手にすると、感覚が狂うから、ショック療法で一度失った。と思える体験をしてもらいたい。と言う教えを友人にしてあげている、とっても優しいナイスガイの九十九さんがいた。と言うだけですね。

藤原竜也が最大の見せ場

個人的に一番笑えたのが、藤原竜也のシーンですね。明らかに詐欺師になりますが、その詐欺師に騙されているセミナー参加者が客として多数登場をしています。あなたの夢はなんですか?インターネット界隈でも、こうした情報商材が多数出回りましたね。

騙された人も大勢いると思いますので、笑ってはいけないのかもしれませんし、私自身もアフィリエイトをやっている立場になりますので、そうした情報商材がアフィリエイトと認識をされた事は甚だ迷惑ですが、情報商材の第一人者であろう御仁は日本にいたら、いつ刺されるか分かったものではないのか、海外で暮らしていますね。いや、別に馬鹿にしている訳ではなく、感覚としてはどう考えても詐欺なのですが、法の抜け道を上手に使って、刑事事件としても捜査をされている話も聞いた事がありませんので、超一級の詐欺師として、そうした意味では非常に尊敬をしています。

明らかに胡散臭い情報商材について、あれって本当なの?興味あるんだけど。と言う話については私自身も相談をされた事がありますが、当時はウシジマ君を読んでくれ。と伝えていましたが、これからは、こちらの作品である『億男』の藤原竜也のシーンを見てくれ。も追加をされましたね。

稀に胡散臭い情報商材は嘘だと分かっているけれども、Twitterとかもある、バイナリーとか、FXの自動トレードってどうなの?と聞かれる事もありますが、商材を変えているだけで、一緒や!と言う事も伝えたりしています。

沢尻エリカ様の谷間を見よう

今作で最も注目をしなければならないのは、この沢尻エリカ様の谷間のシーンではないでしょうか?ある程度、リラックスをした状態で映画を見ていたのですが、沢尻エリカ様がかがんで谷間が見えた時には、目を見開きました。

後はエンドロールで流れる曲がBUMP OF CHICKENになりますので、この辺りもちゃんと聞いておきたいですね。


億男(Amazon)

こちらが原作ですね。映画が面白かったので、ちょっと買ってみようかな?と思ったのですが、ちょっと興味が沸いてしまった書籍が他に目にとまってしまったので、そちらを購入してしまいました。と言う事で書籍については目を通していないのですが、映画作品自体は結構面白いレベルです。

お金とは何か?それぞれが、それぞれなりに考えた事はあると思いますが、大金を手にして豹変をしてみたいので、今まで一度も宝くじを購入した事がないのですが、年末ジャンボは購入をしてみたいと思います。

映画『億男』公式サイト

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください