歴史という教養

歴史という教養

歴史という教養

歴史に学べと言うが、先行きの見えない時代の中で、それはどういうことなのか。当代屈指の思想史家が説く、歴史センスのみがき方。

「歴史」が足りないと、
言葉は安っぽくなり、行動は独りよがりになり、
前例を知らないので何でも新しいと錯覚し、
思考が厚みを持たないので場当たり的になり、
刹那の変化に溺れて、忍耐も我慢も欠いて、とんでもなく間違える……
歴史に学べと言うが、先行きの見えない時代の中で、
それはいったいどういうことなのか――?
この国を滅ぼさないためのほんとうの教養とは――?
博覧強記の思想史家が説く、これからの「温故知新」のすすめ。

【歴史を学び生かすヒントが満載!】
「歴史」が足りない人は野蛮である
歴史とは、子泣き爺である
人には守りたいものがある
昔に戻ればいい、はずがない
「懐かしさ」はびっくりするほど役立たない
今だけで済むわけではない
歴史は繰り返す、と思ったらアウト
歴史の道は似たものさがし
歴史小説は愛しても信じてはいけない
「偉人」を主語にしてはいけない
ものさし変えれば意味変わる
歴史を語る汝が何者であるかを知れ
歴史は「炭坑のカナリア」である ……
内容(「BOOK」データベースより)
「歴史」が足りないと、言葉は安っぽくなり、行動は独りよがりになり、前例を知らないので何でも新しいと錯覚し、思考が厚みを持たないので場当たり的になり、刹那の変化に溺れて、忍耐も我慢も欠いて、とんでもなく間違える…歴史に学べと言うが、先行きの見えない時代の中で、それはいったいどういうことなのか―。博覧強記の思想史家が説く、これからの「温故知新」のすすめ。

著者について
1963年、宮城県生まれ。思想史家。慶應義塾大学法学部教授。専攻は近代政治思想史、政治文化論。音楽評論家としても活躍。『音盤考現学』『未完のファシズム』『近代日本の右翼思想』など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
片山/杜秀
1963年、宮城県生まれ。思想史家。慶應義塾大学法学部教授。専攻は近代政治思想史、政治文化論。音楽評論家としても活躍。著書に『音盤博物誌』(アルテスパブリッシング、吉田秀和賞、サントリー学芸賞)、『未完のファシズム』(新潮選書、司馬遼太郎賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

序章から重い話

冒頭からアウシュビッツの話が出てきて、これを背負っていく上で生きていかなければならない。と言う話なのですが、これって難しいですよね。どこまでを背負うのか?と言うのもありますからね。アウシュビッツの話から、ヒトラーの話も出てきて、ドイツ人が底抜けに明るい詩を書いたり、どう思うだろうか?やはり歴史を背負っていない。と思えるみたいな事が書かれていて、うん?と個人的には思いましたね。

ユダヤ人をぶち殺しまくたっぜ!と言う本人が、そうした詩を書いていたら、うーん。となりますが、全く関係のない二十歳のドイツ人に背負わせるのか?と言う事には疑問を感じます。これって結局、いつまでなの?と言う話にもなりますからね。今の人類だって、ネアンデルタール人を殺しまくって勝ち抜いたし、日本だって、モンゴルに攻められているけど、別にモンゴル人に対して、何か復讐を感じている事も、少なくとも私はないですしね。

生きている当事者がいる限り。となってくると、ミッキーマウス法みたいに、当事者の子供や孫まで延長をされる可能性もありますし、仮に生きている人がいる限り。と言う限定にしておいた場合、最後の当事者が死んだ日を皮切りに、はーい!解禁です!と言うのも、やはり変な気持ちですからね。

どう考えても、安倍総理の事なのですが、あの人は、ポツダム宣言からの脱却。と言っていましたが、ポツダム宣言の中身を知りません。と言う事を言っていたので、何を脱却するのか、根本的に分かっていない野蛮人になりますが、その点は同意をしますが、別に日本の戦争について、個人的に贖罪意識を抱えた事はないですね。贖罪意識を利用した宗教団体が霊感商法をしていましたが、変な意味バランスの問題ですが、二次被害を出していますし、そもそもヒトラーを生んだのは、アメリカとイギリスですからね。それはケインズが当時から言っていた事なのですが、野蛮人であろうアメリカとイギリスがドイツに対して天文学な賠償金を請求して、それの支払いで困窮をしてしまったドイツに鬱積がたまって、ヒトラー誕生。と言う経緯がありますから、アメリカもイギリスもヒトラーを生んだ事を反省して背負って生きているのか?とは思えないですよね。

と言う事で、序盤から、???の連続となりました。どうやら、読むのはしんどいかな?と思っていたのですが、この先は、ガラッとテイストが変わった作品となっています。

温故知新のすすめ

世の中、そう言う所あるよね。と言う感じなのですが、渋沢栄一の論語の書籍を読んでみてから、論語について興味を持ち始めていたのですが、タイトルからズバリ論語の事が書かれている書籍はまだ購入していないのですが、こちらの書籍では、論語である温故知新についての事が書かれていました。

歴史と言う教養。このタイトルで論語について書かれているとは、思ってもいなかったですね。

本書では、そんな論語の温故知新について中心に書かれていて、それと対比をしていたりする主義とかの説明がされています。その辺りが色々と自分には勉強になりましたね。

保守主義ってそうだったのか!

自分では保守主義のつもりだったのですが、最近の保守と呼ばれている方をみたら、どうにも自分の思っている保守とは違うぞ。と思っていました。まー、色々な見方があるのかもしれませんが、本書で書かれている保守主義の要点が実に的を射ている。と自分では思いました。

物凄く要約をすると、本書で説明をされている保守主義は、予約はするが掛けはしない。と言う事みたいです。

なるほど、イラク戦争なんか、どう考えても保守主義であれば、賛成をしてはいけない場面だったと思いますが、そうしたイデオロギーとかの部分は保守主義にはいらなくて、アメリカ様が勝つ確率が高いんだから、乗っかっておけ。と言う事で、賛成をした訳ですね。それならば保守と名乗っている方が、イラク戦争に賛成をしたのが理解できます。

なるほど、共産主義

恥ずかしい話、マルクスの書籍を一度も読んだ事がありません。なので、はっきりと共産主義の事が分かっていないですし、本書でもギュッと詰めて書かれているだけなので、これをもって分かったつもりにもなるのも、いかがなかものか?と思いますが、ざっくりとは分かりました。

取りあえず、マルクスが言っている資本主義の欠点については、100点に近い感じで合っているんでしょうね。提示をされた解決策も、およそ間違っていたみたいなので、どうにもならん。と言う事なのですが、だからと言って、資本主義の欠点が改善をされた訳ではないのが難しい所ですね。

取りあえず、マルクスの言っている事をざっくりながら解説をしてくれていて、助かりました。

山岡荘八と司馬遼太郎

これは凄い面白い。山岡荘八の徳川家康、司馬遼太郎の作品がヒットをしたのは、いくつか時代的にリンクをしていたから。と言う事なのですが、確かにね。

徳川家康と言えば、忍耐に忍耐で、天下人になって、多くの家族に囲まれて大往生。と言う事になる訳ですが、戦後、黙って働いていれば、ほぼ必ず出世をする事が出来て、ほぼ必ず結婚が出来て、家族に恵まれて死ぬ。と言う、時代的な価値観にマッチをしているんですよね。

別に同じ訳ではないけれども、そうした価値観を多くの人が大事にしていて、そこを目指した時代。目指せた時代なんですね。

今の時代、若い世代に山岡荘八の徳川家康がヒットをするか?そりゃ、好きな人もいるでしょうが、世代的な共通の価値観としてヒットをする所まではいかないでしょうね。忍耐に忍耐を重ねても先が見えない。黙って頑張れば出世をする。そんな考え方が、全く描けない職場環境の人が大勢いる時代になると思いますからね。

司馬遼太郎の作品がヒットをしたのは、その山岡荘八の下の世代となっていて、こちらも時代的な下地とリンクをしていた。凄く自分の中でなるほど。となりました。所でドラゴンボールがヒットをした時代的な下地については、どうやって分析をすれば良いのでしょうかね?

取りあえず、結構骨っぽい作品となっていますので、読む人を多少選ぶ所のある作品だと思います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください