知ってはいけない 隠された日本支配の構造

知ってはいけない 隠された日本支配の構造

知ってはいけない 隠された日本支配の構造

内容紹介
日本には、国民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を歪めている。そうした「ウラの掟」のほとんどは、アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、じつは米軍と日本のエリート官僚とのあいだで直接結ばれた、占領期以来の軍事上の密約を起源としている。最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」を参照しながら、日米合同委員会の実態に迫り、日本の権力構造を徹底解明する

私たちの未来を脅かす「9つの掟」の正体、
最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?

なぜ日本は米国の意向を「拒否」することができないのか?

3分で日本の深層がわかる四コマまんがつき!

みなさんは、世田谷区や中野区、杉並区の上空が
米軍に支配されていることをご存じですか?

あるいは、米軍に与えられた治外法権が
日本の国土全体に及んでいることを知っていますか?

「なにをバカなことを…」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、これらは公文書によって裏付けられた疑いようのない事実なのです。

じつは、私たちが暮らす「戦後日本」という国には、
国民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない
「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を歪めています。

そうした「ウラの掟」のほとんどは、
アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、
米軍と日本の官僚とのあいだで直接結ばれた、
占領期以来の軍事上の密約を起源としているのです。

3つの「裏マニュアル」ともいうべき
最高裁の「部外秘資料」、検察の「実務資料」、
外務省の「日米地位協定の考え方」を参照しながら、
日米合同委員会の実態と対米従属の根幹に迫り、
日本における「真の権力構造」を徹底解明します。

累計17万部を突破した
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』
『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』の
著者が「戦後史の闇」に光をあてた、渾身の集大成!

◆本書のおもな内容◆
第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記 なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

内容(「BOOK」データベースより)
この国を動かす「本当のルール」とは?なぜ、日本は米国の意向を「拒否」できないのか?官邸とエリート官僚が国民に知られたくない、最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?3分でわかる日本の深層!私たちの未来を危うくする「9つの掟」の正体。4コママンガでもわかりやすく解説。

著者について
矢部 宏治
(やべ こうじ)1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。著書に『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(以上、集英社インターナショナル)、『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること――沖縄・米軍基地観光ガイド』(書籍情報社)、共著書に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)。企画編集に「〈知の再発見〉双書」シリーズ、「J.M.ロバーツ 世界の歴史・日本版」(全10巻)、「〈戦後再発見〉双書」シリーズ(以上、創元社)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
矢部/宏治
1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

日本はアメリカの植民地

要約をすると、知っていたでしょう?と言う話になるのですが、日本はアメリカの植民地です。自民党を支持している自称保守の方を見ても、日本の保守ではなく、アメリカの保守になります。皇室の女系天皇反対を見れば、日本を破壊しようと頑張っているのが分かって頂けると思いますが、一時が万事で、徹底的に日本をアメリカの植民地により一層する為に、自称保守は頑張っている訳ですね。

改めて、知った。と言う事はそこまで多くはなかったのですが、もしかしたら著者である矢部さんの発言などを、どこかで見聞きしていたのかもしれません。

アメリカの視点が新鮮

アメリカの兵士から見たら、韓国と日本の国境って曖昧なんですって。確かにアメリカの植民地と言えば、韓国と日本は同じになりますからね。日本には基地があって、韓国は前線。と言う感覚しかないみたいです。これ、言われてみたらそうかもしれませんね。

ただ、その韓国も、紆余曲折があったにせよ、アメリカの植民地を卒業しようとしていまして、それはそれで韓国は大したものだ。と思ってしまったりするのですが、面白いのが、それを見ている自称保守の方ですよね。格下に見ていた韓国がアメリカの植民地から卒業をしようとしている事に焦っているのか?アメリカの植民地として親分に歯向かっている事に腹を立てているのか?とにかく韓国の対応に腹を立てていますよね。

その辺りは見ていて不思議な感覚になります。

鳩山内閣はやっぱり潰された

だろうな。と思ったのですが、鳩山内閣が潰れたのって、アメリカとの関係がぐちゃぐちゃになったから。と思っている人は多いと思いますし、私もそう思っていますが、基地移転の案としては、鳩山自体も持っていたみたいです。

それを腹心と思っていた人に打ち明けて、内密に進める。と言う事で一致をしていたのですが、翌日には新聞の一面に。と言う事で、鳩山内閣は挫折をしたみたいですね。

自称保守の方はスパイ防止法で中国や韓国のスパイを逮捕しろ!と言うのですが、日本の独立に一番厄介なのが、アメリカのスパイなんですよね。でも、自称保守の方はアメリカのスパイを逮捕しろ。とは言わないのですが、アメリカのスパイが日本にはうようよいますからね。と言うか、日本の官僚様から見たら、日本の政治家よりも、アメリカ軍の方が偉いんですよ。

だから、総理が内密に。と言っても、アメリカ軍に、即座に報告をする訳ですね。詳しくは本書を読んで下さい。

そうだったんだ!憲法9条!

自称保守の方から、お花畑と言われる、憲法9条になりますが、これは明らかにアメリカの失敗でしたね。ある事が前提条件となっていて、日本の憲法を作ってみたのですが、前提条件が崩れてしまい、あれ?となってしまった内幕や流れについて本書では解説をしてくれています。

自称保守の方は、左翼やリベラルにお花畑と批判をする前に、アメリカに対して同じ文句を言ってやれ。と思いますが、この辺りの話は、知らない方も多いと思いますので、読んで知って頂いた方が良い話だと思います。

失敗をしてしまったアメリカとしては、その後は自衛隊を作らせて、起動修正をしているんですね。

砂川裁判って、そうだったんだ

聞いたことはあるけれども、なんだっけ?と言うのが砂川裁判になるのですが、これ、酷いね。

私個人として、他の政治関連の感想文のページを見て頂ければ分かりますが、反自民ではなく、安倍政権だけはダメだ。と言うスタンスです。歴代の中で、一番、人格的にも、頭の悪さも抜きん出ているので、絶対に辞めさせた方が良い。と思っているのですが、根幹としては、いつからかは分からないのですが、この国は三権分立が機能をしていない。と言うのがあります。

最近も法務大臣が選挙違反で大臣を辞めたのですが、これはねー、まだ今の腐った自民党の中では、潔ぎ良い人物だったと思いますが、本来であれば、議員も辞めるべきだろうし、それ以前に、本当に選挙違反をしているのかどうか?警察が調査をするべきなのに、捜査をしている様子もないですよね?

これ、法的に問題ないの?一応、書いておきますが、野党が同じ事をしても、警察は捜査をすべきですよ。しないとダメだよ。

なんか、一定の地位にある人には、警察も捜査を露骨にしなくなった。と言うのが、今の政治家の劣化であり、日本人の感覚も狂ってきているのかな?と思います。この記事を書いている時点でも、半年が経過をして、安倍総理と桜を見る会で、後援会の人を大量にご招待。となっている事が問題になっていまして、安倍総理、大応援団の田崎スシローでさえも、やりすぎ。と言わざるを得ないレベルになっていて、これは法的に問題はないみたいですが、応援をしてくれている人には税金で還元。とか、絶対にやってはだめでしょう?と思える事を平然とやっているのですが、今の安倍政権を支持している人は、それの何が問題なの?ぐらいの感覚なんですよね。

やはりですね、日本会議と統一教会のカルト政権なのが、一番、安倍政権のやばい所なんですよね。支持者も、論理的に政権を支持している訳ではなく、カルトな理由で支持をしている雰囲気が非常に強いんですよね。

一応、書いておきますが、本書では、そうした内容は一切書かれていません。これまでの経緯などが淡々と書かれていて、統一教会も出て来ないですし、日本会議も出てきません。なので、一般の方が、いきなり読んでも、理解をしやすい内容となっていますので、安心して下さい。

いきなり安倍政権の批判で統一教会とかの名前を出されても困惑をされる方も多いと思いますが、その辺りは自分で色々と調べて頂いて、自分なりの感想を持って頂ければと思います。

もっと、この本の内容が広まれば良いですね

日本はアメリカの植民地と書いてしまうと、斜に構えている雰囲気を出してしまいますが、もっと多くの日本人の方が、そうしっかりと思って頂くのが現状のベストだと個人的には思っています。

そうする事で屈辱感をしっかりと味わって貰い、屈辱感をバネに脱植民地を目指すのが遠いかもしれませんが、一番ベストかな?と言う感じですかね。少なくとも、植民地で良いじゃないか?それでご飯を食べる事が出来るんだから。と思っている方は、現状では一番多いですからね。だから、植民地をさらに強化をしよう!と言う方向性に進んでいるのが、今の日本です。

いつか、反動が起こるでしょうし、アメリカ帝国も、そう遠くない段階で崩壊をしていくと思います。ちょっと韓国は早すぎると思いますが、レッドチームに入りそうですよね。レッドチームの勢いが凄いのは間違いないのですが、ちょっと早過ぎる気もします。出来れば日本は東南アジアと一緒になって、レッドでもアメリカでもないチームを作って頂きたいですね。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください