空飛ぶタイヤは面白い

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

解説

人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。

面白い!

ホープ自動車と言う架空の会社となっていますが、余程の事がない限りは三菱自動車だと言う事が分かると思います。

赤松運送と言う会社が業務上で脱輪をしてしまい、それが女性に直撃。整備不良が原因とされてしまい、社会的に叩かれる赤松運送。資金繰りも苦しくなり、メインバンクの融資も凍結。時間的に倒産がちらついている中で、整備不良ではなく、構造的な問題ではないか?と疑問から、社長が同じような事故を起こした会社に行き、色々と探し回る。

だけれども、巨大な財閥系企業を相手にしたくない為、あまり手を貸してくれる人は少なく。。

緊迫感のある展開となっていますね。タイヤの直撃でなくなってしまった相手からも訴訟を起こされてしまい、絶対的な悪として社会から叩かれる事に対して疲弊をしていく社員。高そうなマンションに住んで、高そうな店で飲み食いをしている大手企業が対比として描かれていますが、本当に三菱自動車ごときで、こんな高そうなマンションに住めるの?と少し疑問に思いました。

社員を信じて、整備不良を真っ向から否定をした事で、遺族から訴訟を起こされる所なんかは、見ていてつらくなりますね。

最終的にはハッピーエンドとまでは言えないかもしれませんが、警察がまともに仕事をしてくれて終了となります。三菱自動車もとい、ホープ自動車にも不正を見逃せない良心を持った社員もいて、そうした人達がリークを流して。と言う展開です。あまり書かない方が良いのかな?

映画『空飛ぶタイヤ』公式サイト|2018.6.15(金)反撃開始!

闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて

サザンオールスターズの新曲がエンドで流れます。良い曲ですね。


闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(アマゾン)

その外、原作や漫画も登場をしています。
空飛ぶタイヤ 上下合本版(eBookJapan)
大谷紀子(空飛ぶタイヤの作者)(eBookJapan)

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください