曹操: 奸雄に秘められた「時代の変革者」の実像

曹操: 奸雄に秘められた「時代の変革者」の実像

曹操: 奸雄に秘められた「時代の変革者」の実像

内容紹介
皇帝、将軍、政治家、詩人、軍学者、食文化研究者――どれが真実の貌なのか?
三国時代の覇者・曹操の最新人物像を、政治・経済・軍事・思想・教養など14の気になるテーマから、最前線研究者たちが解き明かす!

内容(「BOOK」データベースより)
政治家、将軍、詩人、軍学者、博物学者―どれが真実の貌なのか?最前線の研究者が14のテーマから最新の人物像を解き明かす!

リアルな曹操

人形劇三国志、横山光輝の三国志。年代的には、この辺りから三国志に入った人からしてみると、内政的な部分で、曹操が実際に行った事はなんなのか?せいぜい、黄巾の生き残りを併合して私兵として使えるようにした。と言う事位しか分からないのかな?と思います。少なくとも、私自身はそうでしたね。

本書は三国志学会と言う著者名で出版をされているのですが、日本の三国志研究の中でも、著名な方々の合作となります。大三国志展の開催に合わせて、本屋さんでも、かなり目立つ場所に三国志に関連をする書籍が並びましたが、売れ行きはどうだったんでしょうね?マニアな世界の大物。それが三国志になる訳ですが、やはりマニでしたかね?

個人的には読めて良かったですし、三国志が好きな方であれば、満足出来る内容になっていると思いますが、すでに充分に色々と読み漁っている方には、もしかしたら物足りない内容となっているかもしれません。登場人物については分かっている。三国志の流れも分かっている。後は細かい部分については、良く分からないけれども、理解をしたい。そんな方には打ってつけの書籍になると思います。

若干、急いで作ってみました。と言う印象は拭えない書籍でもあるのですが、それでも充分に読む事が出来る良い内容だったと思います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください