テンプル騎士団

テンプル騎士団

テンプル騎士団

内容紹介

『スター・ウォーズ』、フリーメイソンとの関連は! ?
最強・最富・最大組織の全貌を明かす!

12世紀初頭に誕生した「テンプル騎士団」は、もともとエルサレム巡礼に向かう人々の保護のために設立された。しかしその後、彼らは、軍事力、政治力、経済力すべてを持ち合わせた超国家組織に変貌を遂げる――。後世に影響を与えた数々の画期的な制度(管区、支部といった巨大ネットワークを張り巡らせる組織作り、指揮命令系統の明確な自前の常備軍、銀行業の始まりともいわれる財務管理システムなど)を形成した。西洋歴史小説の第一人者が、その成立過程から悲劇的結末までの200年にわたる興亡を鮮やかに描き出す!

■主な内容
・パリのいたるところに現存する「タンプル」という地名の謎
・『スター・ウォーズ』のジェダイの騎士との関係性
・たった9人で始まった騎士団
・宗教的熱狂と十字軍
・巡礼者の保護が当初の目的だった
・イスラム最大の英雄・サラディンとの戦い
・貧しき騎士たちはどのように武名を轟かせるようになったか
・戦いにおける、騎士団の異常に高い死亡率
・白地に胸の赤十字という装備
・高い士気と結束。強固な組織はいかにして保たれたか
・ヨーロッパ初の常備軍
・修道士にして騎士
・テンプル騎士団では転勤、転属、栄転も珍しくなかった
・城塞、農場、銀行窓口……多機能を持つ支部をヨーロッパ中に張り巡らせた
・国という枠を超えた超国家的組織
・アンチ異端審問、アンチ専制君
・都市の利権をすべて手にできた理由
・とにかく、金、金、金
・中世ヨーロッパの銀行業の始まりだった
・フランス王家の財務すべてを握ったテンプル騎士団
・テンプル騎士団は、国際金融資本がアメリカ軍を持っていたようなもの
・フィリップ4世がテンプル騎士団を葬った13日の金曜日

■目次
はじめに
第一部 テンプル騎士団事件─前編
第二部 テンプル騎士団とは何か
第一章 テンプル騎士団は始まる
第二章 テンプル騎士団は戦う
第三章 テンプル騎士団は持つ
第四章 テンプル騎士団は貸す
第五章 テンプル騎士団は嫌われる
第三部 テンプル騎士団事件─後編
おわりに

<著者略歴>
佐藤 賢一(さとう けんいち)
1968年山形県生まれ、山形大学教育学部卒業後、東北大学大学院文学研究科で西洋史学を専攻。93年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞。99年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞。2014年に『小説フランス革命』で第六八回毎日出版文化賞特別賞を受賞。『英仏百年戦争』『フランス革命の肖像』(集英社新書)など著書多数。

内容(「BOOK」データベースより)
十二世紀初頭に誕生した「テンプル騎士団」は、もともとエルサレム巡礼に向かう人々の保護のために設立された。しかしその後、軍事力、政治力、経済力すべてを持ち合わせた超国家組織に変貌を遂げる。彼らは、後世に影響を与えた数々の画期的な制度(管区、支部といった巨大ネットワークを張り巡らせる組織作り、指揮命令系統の明確な自前の常備軍、銀行業の始まりともいわれる財務管理システムなど)を形成した。西洋歴史小説の第一人者が、その成立過程から悲劇的結末までの二百年にわたる興亡を鮮やかに描き出す。

ジンギスカン好きな俺、歓喜と絶望

フリーメーソンが好きな人にはお馴染みとなる、テンプル騎士団ですが、残念ながら関係ない。と言う話でしたが、その辺りはついで程度に書かれている程度で、本書は硬派なテンプル騎士団についての書籍となります。

まずヨーロッパの話になりますので、出てくる人名が全員カタカナで覚え辛い。そのくせして2世とか3世とか、なおさら覚え辛いのですが、ジンギスカンをやってきて良かったな。とも思えました。ジンギスカンと言うのはコーエーのゲームの事です。

ライオンハーデット!と呼ばれていた、ゲーム内ではカッコ良い感じのグラフィックで描かれている、リチャード一世はこれだ!

リチャード一世

リチャード一世

そして、美顔王と呼ばれていて、ゲーム内でもカッコ良い感じで登場をしているフィリップ4世はこちら!

フィリップ4世

フィリップ4世

むさいおっさんとぽっちゃり坊やでした。

ですが、この、ぽっちゃり坊やが意外とやり手となっていまして、王国の権限をテンプル騎士団から取り戻す為に、テンプル騎士団を壊滅へと導いた人物なんですね。テンプル騎士団自体はネーミングとしては知名度の高いものとなりますが、真摯にテンプル騎士団の歴史を書いている書籍自体は、私自身は初めて読みましたが、知らない事も多かったので、非常に楽しかったです。


テンプル騎士団(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください