何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?
何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?

天正十年、京・本能寺。滞在中の織田信長を家臣の明智光秀が襲撃した。世に云う「本能寺の変」である。天下統一を目の前にして非業の死を遂げた信長。けれど気づくと、彼は「変」より7年前…丹波攻め直前の岐阜城に戻っていた! しかも目の前には、裏切り者の光秀がいて…。

本能寺の変で信長が死ななかったら?

本能寺の変で明智光秀に裏切られて死んだ織田信長。もしも、その時に織田信長が死ななかったら?と言うテーマの作品であれば、これまでにも何度も漫画になっているような気がします。最終的にはインディアンになる。と言うのが、本宮ひろしの答えだlったうのですが、本作はちょっと変わったタイプの作品ですね。

テーマとしては、本能寺の変を回避する為に、何をしたら良いのか?をタイムスリップしながら、繰り返していく形となります。それも一巻の序盤でちょっとテイストが変わっていくので、作品としては恐らくは長編作品にはならいのかな?と勝手に思っているのですが、はてさて、どうなる事やら?

勢いで購入をしてしまったのですが、公式サイトを見てみると、最初の数話が無料で読む事が可能となっていますので、まずはそちらで見てみるのが良いのかな?と思います。個人的には結構好きですかね。ただ、歴史物ではありますが、真面目な話ではないですかね。ちょっと硬派なタイプの作品のみしか受け付けない人には不向きな作品かもしれません。

実際に単行本を購入された方であれば、是非ともカバー表紙を外してみて下さい。ちょっと笑います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください