DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件

倒れているヤムチャ

内容紹介

転落事故をきっかけに男子高生がヤムチャに転生!? ブルマとつき合えると喜んだのも束の間、彼はヤムチャがやがて死ぬ事を思い出す…!! 次々と強敵が訪れるDB世界で生き残る為、今ヤムチャが最強を目指す!!

読んだ感想

ドラゴンボールは大好きですね。センゴクシリーズは漫画でも歴史に関係ありましたので、取り上げてみましたが、こちらは単なる漫画です。歴史と言えば歴史的な漫画となるドラゴンボールになります。漫画と言えばのらくろとかサザエさんしか知らない年代の方もいると思いますが、日本が一番海外で影響を与えたのは、結局は漫画かアニメであって、モノ作り精神自体を否定するつもりはないのですが、海外に影響を与えた力で言えば漫画やアニメの方が上だと思いますので、理由もなく漫画を下に見る癖は止めた方が良いと思います。

取り合えず、ドラゴンボール大好きですし、今でもドラゴンボール超を見る為に、日曜日は早起きをしています。30過ぎのオッサンの休みの日の起きる理由になるのはドラゴンボールしかないですね。

バンダイに聞きたい。何でこんなの作った?

悪意しか感じないのですが、バンダイって上場をしている会社になると思いますが、売れないだろう商品を作っても良いの?

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件の感想

滅茶苦茶面白いです。ただし、本は薄いので、ページ数は少な目となります。個人的にはジャンププラス自体を見ていないのですが、Amazonでドラゴンボール超などの漫画を購入していた為、オススメの本の中で紹介をされていましたので、即買いをしました。傾向として、何故かあまり初版をすらない傾向があるみたいで、しばらく入手困難な状態が続くと見て、予約購入をしたのですが、正解でしたね。少なくても現時点では、コミックスはプレミア化していて、定価以上になっています。

内容としては、タイトルのままですが、ヤムチャとして生まれ変わった主人公があらすじを知っている為、同じ轍踏まない為に、事前に色々と手を打ち、ヤムチャの歴史を変えると言う作品です。

上述をしている様にジャンププラスについては見ていないので、良く分からないのですが、そちらでは掲載をされていなかったおまけ漫画も収録をされているみたいです。で、私はデジタル派ではないので、今作もコミックスで購入をしたのですが、カバーをめくるとドラムやバータと死闘を繰り広げているヤムチャ様の姿が描かれていて、ほっこりとしました。ヤムチャがバータやジースを圧倒している姿を誰が思い浮かべたでしょか?いや、誰もしていないはずです。

もうちょっと本に厚みが欲しかったです。色々とまだまだ書ける部分があったと思いますので、後日追加で書いて貰っても、別にまた販売でも良いので、是非とも続きを書いて欲しいですね。

絵柄は全く問題無し

ドラゴンボール超のコミックスも購入をしているのですが、そちらはちょっと絵柄が違いますよね。それについては批判をする気持ちは一切なく、それで良いと思います。とよたろう先生のドラゴンボール超。と言う形ですかね。

で、こちらのドラゴン画廊・リー先生ですが、これトレースしているんでしょう?位に絵柄が同じですし、基本的にはパロディベースとなりますので、本作のドラゴンボールを見ている人であれば、あのシーンだ!と分かる様に色々と配置をされています。絵柄について心配をしている人は一切心配しなくても大丈夫ですよ。私もドラゴンボール大好きですが、全く問題なく楽しめました。

何故ヤムチャが舐められているのか?

ヤムチャが舐められている。上述したバンダイの商品を見ても、明らかにドラゴンボールキャラクターの中では、ヤムチャは格下扱いとされています。現在放映中のドラゴンボール超において、野球の試合の時に最後のオチにされていたり、大会においても、自分が呼ばれるとワクワクしているヤムチャがピエロとして描かれていました。

個人的に私がヤムチャを好きか?と言われたら、キャラクターの中では嫌いではない程度で、そりゃ悟空の方が好きですが、私はヤムチャを決して舐めてはいません。それは後述したいと思います。

ちょっと真面目にヤムチャについて考えてみたいのですが、ヤムチャが舐められている理由を考えてみたのですが、一つはギャップと失態があるのかな?と思います。

まずはギャップについてですが、敵として登場をした時に悟空と同程度だったのにも関わらず、差を付けられてしまっていますね。ちょっとここで他の同じ立ち位置にいたキャラクターで考えてみましょう。

天津飯

悟空と勝ち負けをしていた敵キャラとして初代がヤムチャであれば、次に登場をしているのが天津飯になりますね。力の差としてはヤムチャとどっこいどっこいのはずの天津飯ですが、ヤムチャと同様になめられる事はありません。それは何故か?やはりここ一番でそれなりに役に立っているからですね。

人造人間17号を取り込んで、その時点においては誰も敵わないレベルに達したセルを足止めする。と言う快挙。力の差を考慮した場合には値千金の活躍となります。その後、魔人ブーにおいても、ご飯のピンチに一発だけ登場と存在感を放っていました。

死に方:チャオズの自爆攻撃も実らず、生きているナッパに対して渾身の力を込めた攻撃で体力を使い果たしてし死亡。

マジュニア

ピッコロと書いてしまうと大魔王と重複をするので、ここではあえてマジュニアと記載をしておきます。

で、マジュニアですが、セルの際にはスーパーサイヤ人を超える力を見せたり、その前のフリーザでは変身後のフリーザにも勝てる可能性を見せたりとしているのですが、トータル的に見て、かませ犬と化しているマジュニアですが、やはり舐められている感じはしません。恐らくはサイヤ人を抜いたら実質的にはNo.1の存在だからでしょう。

死に方:ご飯のを守る為に死亡

ベジータ

映画ではかませ犬として登場しかしてないベジータですが、一応は悟空と同程度の力を持っているので、他の敵として登場をしたキャラクターと違い、そもそも力の差を付けられていないのも大きいですね。そもそも舐める要素がない感じですが、死に方が格好良い。

死に方:悟空に託してフリーザにやられるのと、魔人ブー相手に自爆

ヤムチャの死に方

それぞれのキャラクターの死に方を考えてみたのですが、ヤムチャ様の場合には、栽培マン相手に殺されたのが、やはり大きな減点材料になりますね。ナッパ相手の場合には、天津飯だけではなく、マジュニアも殺されているので、ナッパは、その時はそれなり。と言う考え方が成り立つのですが、やはり前座試合のはずだった、ザコキャラに殺されてしまったのは痛かったみたいですね。

その後、死にはしなかったのですが、人造人間相手に登場して早々と胸を突き破られる。と言う、ちょっと他のキャラクターではされていないやられ方をしてしまっているのも減点材料になります。

こうして冷静に考えていくほど、ヤムチャが舐められない訳がないのが見えてきますが、そんなヤムチャに対して私が嫉妬と言いますか、どうしても心から受け入れる事がし難い点があります。それは以下です。

ヤムチャを心から受け入れられない訳

ヤムチャってね、男として受け入れるのが辛い部分があるんですよ。ドラゴンボールのキャラクターで舐められているキャラクターとしてはヤムチャ以外にもチャオズがいる訳です。

天津飯『チャオズは俺が置いてきた』

もう、哀愁漂う悲しいセリフな訳です。

悟空『あー、その方が良い。』

悟空!となるセリフまでバッチリとある訳です。

これはこれで辛い訳ですが、それでもですね、これを実際に自分に置き換えてみて下さい。どうしても自分の能力的に、無理だ。と言うシーンにおいて、上司から君には重いだろうから、他の事をやって貰うよ。と言われた場合を想定してみて下さい。

きっついけれども、確かに自分で無理だ。と思える事であれば、救われる部分も多いと思います。ある種、逃げ道を用意して貰えた事で心が助かった。と言う感じでしょうかね。

じゃあ、ヤムチャの場合はどうなのか?

自分から認めて引いているのです。これ、出来ますか?凄く勇気がいる事です。仕事上において、すみません。僕じゃ無理です。と上司や同僚に認めて、別の身の丈にあった仕事を用意してもらう事を望む訳ですが、中々自分では出来ない事だと思います。これが出来なくて、心を壊してしまう人も多いと思います。

私も、明らかにもう俺の手には負えない。と言うレベルの自体になっても、中々言えずに、かなり精神的に負荷が掛かった事は多々あります。性格的な事もあるかもしれませんが、ヤムチャはそこを受け入れて、自分の口で発した。その点がヤムチャの凄い所であって、自分としても真似したいけれども、真似が出来ない点ですね。

この点がヤムチャを自分が心から受け入れる事が出来ない点ですかね。やっぱりヤムチャはすげーよ。となる点です。

Amazonリンク

『DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件』とは特に関係のない事が多くなりましたが、作品としてはかなり面白いです。購入して損はしないと思いますので、ドラゴンボールファンの方、私はたまたま知る機会があって購入をしたのですが、まだまだ知らない人も多いと思いますので、是非とも購入をして自分の目で確認をしてみて下さい。

 

BookLiveで読めます!

こちらの作品はBookLiveと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

Bookliveは便利だね

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください