欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

作っては、壊して。私たちは何を求めて働いているのか?大反響! 異色のNHK経済教養ドキュメント、待望の書籍化!未放送部分も多数収録●テクノロジーが進歩しているのに、なぜ経済成長できないのか?●常に創造性を求められる社会は幸せなのか?●「ショウ」と化した資本主義はどこへ行くのか?人間と社会を動かす「闇の力」の構造に迫る!ダニエル・コーエン、マルクス・ガブリエル、トーマス・セドラチェク世界の知性が、経済の深部に挑む

待望の続編

なんと無しにテレビを見ていたら、こちらの番組が放送をされていました。眠い時間帯に放送をされていたので、記憶も曖昧としていたのですが、シュンペーターの『資本主義は成功するがゆえに社会主義になる』と言う言葉だけが脳髄に刷り込まれました。

書籍としてすでに最初のは出版をされており、そちらについてはすでに読んでいて、感想文についても書いています。

欲望の資本主義

今作も資本主義の先であったり、もっと根本的に資本主義って何だ?と言う事を先端の学者が語ってくれています。ただ、そうは言っても、アメリカで生まれて、アメリカで育って、アメリカの資本主義の代弁者のような学者ではなく、バックグラウンドが共産主義国家であったり、そもそも経済学者ではなく、哲学者だったりと、一般的な金融の話をする場合に登場をしている学者ではない所が味噌ですかね。

知的好奇心を大いに刺激をしてくれる良書と言えるレベルの書籍ですが、あまり注目度としては高い訳ではないみたいなのが、ちょっと個人的には寂しい点になるのですが、これは普通に面白いです。電子書籍だろうが難だろうが、媒体としては構いませんので、これも何かの縁だと思いますので、読んで頂きたいですね。

欲望の資本主義―ルールが変わる時(eBookJapan)
欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時(eBookJapan)


欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください