第二次世界大戦 アメリカの敗北 米国を操ったソビエトスパイ(骨太な内容)

第二次世界大戦 アメリカの敗北 米国を操ったソビエトスパイ

第二次世界大戦 アメリカの敗北 米国を操ったソビエトスパイ

第二次世界大戦の勝者アメリカ。しかしソ連によるスパイ戦争には完敗していた!

ハルノートの原案を書き、ケインズと競いつつブレトンウッズ体制を形づくったハリー・デキスター・ホワイト、国際連合設立を仕切ったアルジャー・ヒス。
第二次世界大戦後のアメリカの覇権に関与した二人は、ソビエトのスパイだったのだ。
スターリンと手を結んで戦後体制を築くことを夢想していたフランクリン・ルーズベルト、戦後ドイツに無慈悲な占領政策を強いたモーゲンソー、対ソ外交の失敗を認めざるを得なかったハリー・トルーマンなど、日本人が知らなかった「戦勝国アメリカ」の裏の歴史。
戦後世界の見方が根底から覆る。

目次より
はじめに書き換えを迫られる日米近現代史
第1章 モーゲンソープランの非道
第2章 ソビエトに最も貢献したスパイ
第3章 アルジャー・ヒス ヤルタ会談の黒幕にして国連を作った男
第4章 露見したスパイ網
第5章 ルーズベルト・トルーマン体制の破綻
第6章 ワシントン議会が暴いたソビエトスパイ
終章 「戦勝国」アメリカの敗北
エピローグ チャーチルとトルーマンの「敗北宣言」

内容(「BOOK」データベースより)
ケインズを手玉に取った経済学者、国際連合設立を仕切った実力官僚―。ソビエトスパイが米国政権の中枢を蝕んでいた!戦後体制を形づくった重要な場面で、彼らが果たした決定的な役割とは?そしてチャーチル、トルーマンが認めざるを得なかった「敗北」とは?現代史がいま覆る!

前作をなんと無しに読んでみて、あれ?この人は凄いぞ。となりまして、今回、二冊目となりました。極めてシビアに歴史の資料に辺りながら、時系列で前作はまとめられていましたが、概ね前作はチャーチルの周辺とルーズベルトの周辺にスポットが当たれていましたが、今作では、ソ連のスパイとなりますが、どちらもアメリカの上層部に食い込んでいて、かつ、アメリカが正式に公表をした文書を元にしています。ちなみに、前回読んだのは以下になります。

戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実

ルーズベルトがスターリンを利用した?

なんとなしに、大分前に、何で日本とアメリカって、そもそも戦争をしたんだっけ?と思いまして、もちろん、理由は色々とあるのですが、冷戦の事を考慮すると、日本とアメリカは足並みを揃えた方が、どう考えても、アメリカにとっても得だったのに。と思ったりしたのですが、そうこうしているうちに、アメリカにソ連のスパイがいて、日米を意図的に衝突をさせた。と言う話も知り、へー。となっていたのですが、今回こちらの書籍で、その具体的な内容について理解をする事が出来ました。

ただ、観点として、今でもはっきりとした事は言えないのですが、ルーズベルトがどこまで知っていたか。ですね。ソ連を利用して、英国を没落させて、アメリカが戦後の勝者に君臨をする。と言う説についても、その後の歴史を考えると一定の説得力はあるのですが、そこをスターリンが上回り、ルーズベルトに利用をされる不利をして、実は利用をしていた。と言うのも、やはり、その後のゴタゴタを考えると一定の説得力があります。どちらなのか?自分で読んで考えてね。と言う話なのですが、個人的にはスターリンが上手ですね。スターリンの誤算はルーズベルトが途中で死んでしまって、トルーマンに交代されてしまった事ではないでしょうかね。

真珠湾攻撃は見事過ぎた?

アメリカが日本を挑発しまくって、日本から攻撃をさせて、国民世論を誘導して、アメリカも裏口から大戦に参加をする。これがルーズベルトの戦略で、狙い通りは狙い通りだったみたいなのですが、日本の真珠湾攻撃が見事過ぎたらしく、大統領権限だけではなく、議会まで騒然をしてしまったみたいです。

みたい。と言うのは、ここまで、大規模な組織的な日本軍の行動を、アメリカの諜報機関等では、全く把握をしていなかったのか?と言う事が問題になったからですね。せいぜい、飛行機が5機位が飛来して、爆弾を何発か落とした程度で、犠牲者の数も損害も警備。でも、攻撃してきたから、徹底的にやってやるよ。と言うのを、どうもルーズベルトはイメージをしていたみたいなのですが、完全に編隊組まれて、繰り返し爆撃をされてしまい、ハワイの飛行場も直ぐには使えなくなるレベルで、あれ?となってしまったのでしょうね。

後々にアメリカ議会でも判明をしたのでしょうが、ここまでしたら、そりゃ日本も切れるわな。と言う文章を、慌てて修正をしないといけなくなり、てんやわんやした様子など、当時のタイピストの証言も含めながら書かれていました。公式文章を改ざんしたりしたそうで、我慢できなくな、タイピストの女性は仕事を辞めたそうです。

兵隊は儲かるらしい

ドイツに派遣をされた米軍兵士の話になるのですが、兵士って儲かるんですね。もちろん、状況に左右をされるのですが、現地で貰っている賃金よりも、高い仕送りを自分の家族に送る兵士が多数。とか意味が分からない話が書かれていて、アメリカ政府も途中で気がついて、改めたみたいなのですが、理屈としては兵士として得点で安く買える場所でタバコを購入して、タバコを闇市などに持ち込んで、別の通貨に変えて、そこからドルに戻したり。とちょっと面倒な気持ちもするのですが、現代風に言えば、セドリとかだと、思い浮かべやすいんですかね。

NHKスペシャルか何かで、日本でも米軍が横流しをしている商品を一括買い上げをして、スーパーを開いて金を稼いだ。と言う人が登場をしていましたが、どう考えても犯罪になりますので、良くもいけしゃあしゃあと、テレビで、この人は語っているな。と思ったのですが、ドサクサは儲かるみたいですね。

最後の兵隊は儲かる。とかは、スパイ行為と直接的には関係ないのですが、この辺りはスパイが紙幣政策の過程で生じた歪みですね。

ソ連のスパイにしてやられた。と言う事になっていますが、結果どうであれば、日本の戦前も戦後も、アメリカはクソ。と言うのが個人的な考えになりますし、結局、第二次世界大戦についても、アメリカは民主主義の為にファシズムと対決をする。と言って、全体主義のソ連と手を組んで発展をさせてしまい、自由の為の戦いは嘘でした。と言うがばれてしまったのですが、作品としては、非常に面白いですよ。

読み終わって思ったのは、ソ連って凄くない?と言う事なのですが、新・映像の世紀だったと思いますが、ソ連のスターリンを生んだのは、第一次世界大戦の帝政ドイツなんですよね。あの当時もスパイが大活躍をして、オスマントルコはイギリスのスパイに騙されたアラビア人がオスマントルコを内戦に持ち込んでしまい、最終的に、中東はフランスとイギリスが美味しく頂きました。となったのですが、ドイツも負けてらんねー!と言う事で、当時のロシアに送り込んで、革命を起こさせたスパイ。と言うよりも、資金援助をして革命をさせたのが、レーニンです。レーニンは当時のドイツから資金援助を受けていたらしいです。

歴史の闇ってのは面白いですね。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください