アルキメデスの大戦は頑張れベアーズ

アルキメデスの大戦

アルキメデスの大戦

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。

引用:映画.com

アルキメデスの大戦。見てきましたよ。最終的には頑張れベアーズ的な内容でした。単行本についても、ちょっろっと読んだりもしているので、初期の概ねの話は知ってはいましたが、詳しくは分からないので、どこまで漫画に準拠をしているのかが分からないのですが、取りあえず家庭教師を首になった理由は違いましたね。寝ている所を測っていた訳ではないです。劇中ではそうなっていましたけどね。

大丈夫か?

見ている人達が、菅田キュン!と言う女性。と戦艦大和と山本五十六が出ていれば、それで良い。と言う客層が中心だったのですが、これ大丈夫なのかね?菅田キュン!については、大丈夫なんでしょうけど、戦艦大和については、戦う大和はほとんど出て来ないです。沈む大和は出てきます。と言う事で、後者の主に高齢者が該当をするかと思いますが、派手なドンパチのある戦記物作品だと思っていたら、失敗だと思う可能性がありますので、要注意ですかね。

平日の日中にいった事もありますが、高齢者の大和!五十六!と言う単語に反応を示しそうな高齢者が多かったので、あれ?大丈夫かな?と思いました。

大和の精神性を問う作品

真面目な話をすると、フィクションを元にした話になりますし、ベースは漫画になりますが、戦艦大和って、どうだったんでしょうね?実際には当時は別にそこまで知られていなかった。と言う話を聞いた事はあります。戦艦と言えば長門であって、大和は最終兵器的なポジションで、一部の人以外は知らないはずの戦艦。と言う話でしたね。本当っぽい気がしますし、今だって日本の最高のレベルの兵器はイージス艦になると思いますが、その艦名は何か?と言われたら、90%以上の人が答えられないでしょうね。時代は違いますけどね。

劇中では、戦艦大和の大和の精神性が問われている形に展開をされていき、田中泯が最高に格好いいんですよね。そして最終的には全体として頑張れベアーズで終わる。と言う形です。この辺り、作者の三田紀房先生が、監督の山崎貴に、じゃあ、こんな感じで。と言う事で、頑張れベアーズを渡したのかな?これ、何の話か分からない人は多いと思いますが、透明アクセルを読んで貰えれば分かります。

三田作品は、当サイト内では5作品を紹介しているのですが、本当はもっと読んでいます。銀のアンカー、マネーの拳、スカウト誠四郎、クロカン、この辺りも読んでいますね。ただ、一度読んだだけなので、忘れている部分も多いので、紹介をする記事が書けなかっただけです。

方々で評判のインベスターZとか、ああ言うのは、なんか苦手です。ドラゴン桜2に関しても単行本で継続をして読んでいるのですが、ようやくリクルート色が抜けてきて、まともになってきました。売れっ子だからタイアップの話は多数あるのですが、本来の三田先生の漫画家としての作品としては、インベスターとかよりも、こちらのアルキメデスの大戦の方が断然好みですね。

先生は大の高校野球好きで、それでクロカンとか、時々描かないと発作が起きると思いますが、力の入れ具合もよくて、そちらも面白いですよ。

作品自体は漫画で、今も続いている作品となっているのですが、映画としては非常に綺麗な終わり方をしていて良かったと思います。上述をしているように、大和の精神性については、当時の人達がそこまで詳しかったのかな?と疑問に思う部分はあるのですが、作品としてはグッドな作品です。山崎貴作品はイマイチ好きになれない。と知人が言っていて、あれ?言われてみたら、見た事がないんだけど、なんで好きになれないの?と聞いたら、泣かせよう、泣かせよう。とくどい。と言っていたのですが、今作では、涙のシーンは特にないです。なので、そうしたのが苦手な人でも大丈夫です。

繰り返しになりますが、近くの高齢者が、大和!五十六!と行って、劇場に行こうとしたら、いやいや!どちらかと言えば、菅田キュン!と伝えてあげて下さい。

映画『アルキメデスの大戦』公式サイト

で、原作のコミックスが、期間限定になりますが、無料で最初のが読めます。

興味のある方はどうぞ。

漫画『アルキメデスの大戦 1巻』(ebookjapan)

日本すげーぞと思う

映画の作品とは全く関係ないのですが、最近、すげーな。と思う事が多々ありまして、フリーメーソンってあるじゃないですか?姉妹サイトで書いているブログの方でも、髪を切ってくれている、おっぱい小林君がいるんですけど、フリーメーソンって都市伝説ですよね?と言ってきた事がありましたね。

まー、真面目な話、残念だけど、都市伝説だよね。と言う話をしたのですが、何だか噛み合わない。と思っていたら、フリーメーソンの存在自体が都市伝説だと思っていたの。え?となるよね。

戦艦大和についてもですが、本当に戦艦大和と言う戦艦があった。と言う事を知らない人って、結構いる感じですよね。

残念ながら、ゲームの中だけの話になるのですが、この人、凄いですね。俺も何度もやってみたけど、無理でした。まー、そうか、提督の決断をやっていた人の方が圧倒的に少数派でしょうね。パワーアップだと大幅に削減をされているのですが、ノーマルバージョンだと、潜水艦が鬼のように強くて、ひたすらペラペラの薄型潜水艦を大量生産をして、空母を沈めまくって時間を稼いで兵器開発とかをすれば、日本だけでも余裕で勝てるのですが、映画を見ていると、潜水艦って、コストが滅茶苦茶高いのね。コーエーさん、次回作では、潜水艦のコストをもうちょっと上げた方が良いと思われます。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください