センゴク外伝 桶狭間戦記

センゴク外伝 桶狭間戦記

商品の説明

センゴク外伝 桶狭間戦記は宮下英樹による漫画作品『センゴク』の外伝作品。

読んだ個人的な感想

本編はセンゴクシリーズとなっていて、主人公は仙石権兵衛秀久のシリーズ作品になるのですが、こちらはスピンアウト作品で本編の主人公である仙石権兵衛秀久は登場をしてない作品となります。タイトル通りに桶狭間を軸にした作品になるのですが、主人公は今川義元。

先日、歴史ヒストリアで息子の今川氏真をテーマにした番組が放送をされていましたが、徳川の庇護と織田信長の庇護を受けて、うっかりと活躍をして、城主にまでなってしまったけれども、性格的に武将は合わずに、徳川家康から生活の面倒は見てやるから、城主は下りろ。と今風の言葉で言えば、窓際に追いやられるも、お金は貰えるから家族と旅行三昧。仕事もないから、自分が教えられた公家の事を息子に伝えていたら、タイミング良く、徳川幕府が成立をして、敵と戦うよりも公家との調停役の仕事を出来る人間が欲しい!と言う事になり、徳川秀忠に息子を取り立ててくれ。と懇願をして、いきなり1000石の旗本として取り立てられ、その後も今川家と言えば、徳川幕府の中では朝廷との調停役の家となり、幕末においても、朝廷とのパイプを生かして新政府でもちゃっかりと生き残る。と言う見事な処世術で新しい時代も生き残った。と言う事がやっていましたね。

今川義元は立派だったけれども、息子の氏真はボンボンの能足らずみたいなイメージがありましたが、結果としては次の時代も生き残る事が出来る仕込みを行った事を考えると、実は大した人間だったんだな。と思うようになりました。

そんな立派な父親となる今川義元ですが、元々は長男でも何でもないので、坊さんの寺に預けられたリしていたのですが、長男が病死をした事になっていたり、上の兄と戦ったりと、激しい戦国時代をのし上がっていく過程が資料をベースに描かれているのが本作になります。

漫画を取り上げる予定はなかったのですが、本でもあるし、歴史物でもありますので、良いかな?と思い、ページ数を多少テコ入れをする為にも取り上げておきました。活字中心の生活をしている人の場合、漫画は絵で読む。と言うのが苦手だと思いますし、慣れない部分もあると思います。ただ、イメージとして、漫画と言えばサザエさんやのらくろ。と言う感覚で考えている場合には、だいぶイメージと違うと思いますね。もちろん、今でも子供向けの漫画と言うのはたくさんありますが、大人向けの漫画と言う形になりますので、馬鹿にしたものではありません。

本編のセンゴクシリーズに関しては、今まで読んだ戦国時代を扱っている漫画の中では個人的には一番お勧め度が高いシリーズになります。漫画だからと言って下に見ないでしっかりと読み込んで貰いたいですね。

センゴク天正記

センゴク一統記

eBookJapanで読めます!

こちらの作品はeBookJapanと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください