文豪春秋

文豪春秋
文豪春秋

「芥川賞を私に下さい」と選考委員の佐藤春夫に手紙を出した太宰治。中原中也と小林秀雄のある女性をめぐる三角関係。谷崎潤一郎の「細君譲渡事件」……教科書に載るような文豪たちも、実生活ではワイドショー顔負けの様々な事件を起こしていた。それらを文藝春秋創業者・菊池寛がこっそり教える漫画版文壇事件簿。漫画に描くのは、『有名すぎる文学作品をだいたい10ページぐらいのマンガで読む。』シリーズで知られるドリヤス工場さん。同シリーズは、又吉直樹氏が日本テレビ系「世界一受けたい授業」で三度にわたって取り上げ、累計50万部以上になっている。今回の本には、又吉直樹氏が以下のような推薦コメントを寄せている。
「面白かった!常識を超えた変態性を知ると、その作家の作品に触れたくなるのが不思議。楽しみながら、読書欲を掻き立ててくれる漫画です」
(登場する文豪たち)
太宰治 中原中也 川端康成 檀一雄 坂口安吾 谷崎潤一郎 宇野千代 国木田独歩 永井荷風 岡本かの子 夏目漱石 直木三十五 石川啄木 山本周五郎 志賀直哉 向田邦子 若山牧水 須賀敦子 樋口一葉 久米正雄 泉鏡花 江戸川乱歩 島崎藤村 林芙美子 中島敦 与謝野晶子 澁澤龍彥 吉屋信子 菊池寛 芥川龍之介

蘇る水木しげる

完全に水木しげるの絵柄で書かれている作品となりますが、水木しげる自体は、割と前に亡くなっていますので、ちょっと前の書籍かな?と思っていたのですが、ドリヤス工場と言う方の作品です。プロフィールなどを見ても、特に水木しげるの弟子でもないみたいですが、かなり近いタッチですよね。特に何ともない時の表情が、水木しげる感が出ていますね。

さて、本書は上でも紹介をしている文豪の人生が駆け足ながらも、漫画かな?と思える位の文字のボリュームで書かれている作品となります。かなり読むのにエネルギーのいる作品となっていましたが、逆に漫画で多少なりとも読みやすい形で、このお値段ですから、なんとくお得感も味わう事が出来る作品でした。

菊池寛の話。と言う事で最後になるのですが、座談会で(笑)を作ったのが菊池寛。と言う話が書かれていて、まじかよ?と新鮮な驚きをさせてくれましたね。ちょっと明治・大正辺りの文豪の作品と言うのは、ちょっとあまり読んでいないゾーンになりますが、やっぱりちょっと苦手なんですよね。

この本を読んでも、自分が苦手な理由が分かったのですが、当時の作家同士のいざこざとか、色々な物がから見合っているので、作品単体としても、勿論充分に楽しめるのでしょうが、作品が出来た背景を知らないと損をしてしまう。と言う気持ちがあるのだと思います。多少なりとも、本作のおかげで、その損をしてしまう部分を塗り込む事が出来たのかな?と思いますが、もうちょっと勉強をしないとですね。

出てくる作家さんで、軽く触れている作品や、読んだのは以下になるのですが、これだけ文豪が出てきているのに、ちゃんと読んだ作品が渋沢龍彦だけ。と言うのが我ながら渋いですね。

文豪春秋を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください