機動戦士ガンダム F91プリクエル(おおのじゅんじ)

機動戦士ガンダム F91プリクエル(おおのじゅんじ)
機動戦士ガンダム F91プリクエル(おおのじゅんじ)

機動戦士ガンダムF91前日譚を完全コミカライズ!
富野由悠季原作小説をコミカライズ。宇宙世紀0122…幻の白いF91が登場!「機動戦士ガンダムF91」前日譚!

機動戦士ガンダム F91プリクエル(Amazon)

ククルス・ドアンの島の『おおのりゅうじ』が描くF91の前日譚

ガンダム作品については、いくつか読んでいますので、良かったらサイト内検索の虫眼鏡の所にガンダムとでも打ち込んでみて下さい。今回紹介をする『機動戦士ガンダム F91プリクエル』の作品については、ククルス・ドアンの島と同じ作者となる、おおのりゅうじさんの作品になりますね。記憶としてはうろ覚えとなってしまいますが、F91についても映画は二回か三回は見ていますが、確かに劇場で展開をされる前から、話としては始まっていますね。

ククルス・ドアンの島については、以下で取り上げています。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島(全巻読んだ)

まずは劇場予告で気分を盛り上げよう!

映画「機動戦士ガンダムF91」劇場予告HD

確かに前日譚

もう、映画の方のF91については、ほぼほぼストーリー自体は覚えていないです。どこかのタイミングで見直しをしないとですね。でも、うろ覚えながら、シーブックとセシリー映画では最初から知り合いだったし。となりますので、確かに前日譚ですね。

この先、話としては劇場にも突入をしていくのか?まだまだ未知数の点が個人的には多いのですが、単行本の2巻では過去へと話が移り、コスモ・バビロニア主義がどういった経緯で誕生をしたのか?と言った、セシリーがなぜ親と分かれて暮らす原因になったのか?などが描かれていきます。

もうそろそろ、単行本で言えば3巻も販売をされると思いますが、それなりの巻数になりそうな予感はしていますね。掲載雑誌は読んでいませんので、お前?もう終わったぞ。とかであればショックかもしれません。

ダラダラとした感じで、単行本が出るごとに、加筆・修正をしていく予定です。

機動戦士ガンダム F91プリクエル 3巻

と言う事です!

機動戦士ガンダム F91プリクエルを読んでみよう♪

その他のガンダム作品

その他のガンダム作品であれば、こんな所の作品が自分としてはお勧めです。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください