陽だまりの樹を全巻、一気読み!

陽だまりの樹

陽だまりの樹

蘭学医・手塚良仙(てづか・りょうせん)の息子良庵(りょうあん)と府中藩士の伊武谷万二郎(いぶや・まんじろう)は、美女・おせきを巡り犬猿の仲だった。そんな最中、良庵は適塾で蘭学を学ぶため、大坂へ旅立った。万二郎は、江戸を襲った大地震で、民衆を安全な場所へ誘導するという大手柄を立てる。一方、良仙は奥医師たちの激しい妨害の中、娘婿の大槻俊斎(おおつき・しゅんさい)らとともに種痘所の江戸設立に向け頑張っていた。幕末に実在した著者の曽祖父をモデルにする長編時代作品。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>手塚治虫漫画全集MT326~327『陽だまりの樹』第1~2巻収録 <初出掲載>1981年4月25日号~1986年12月25日号 ビッグコミック連載

今なら分かる

歴史は昔から好きでしたし、漫画も勿論好きです。小学生位の頃に少し読んだはずなのですが、記憶にないですし、当時は面白いとは思いませんでしたかね。大人になって、色々と知識を増やしてから読んでみたら、滅茶苦茶面白いです。同じように子供の頃に読んでみたけど、あんまり良い記憶がない人は是非とも読んでみて下さい。

時代は幕末となります。登場人物にも幕末志士が登場をしていますが、あくまでも無名の人物が主人公となります。主人公は二人いまして、一人は全くの無名ではないですかね。知っている人は知っている。と言う感じです。

冒頭に清河八郎が登場

清河八郎と言う名前自体は30を過ぎてから、色々と本を読んで知りましたが、間違いなく幕末最強らしいです。当時も今もドラゴンボールみたいな感じで天下一武道会があった訳でもありませんので、確定をさせるのは難しいのですが、逸話は非常に多い侍ですね。工作員だった。と言う話もあったりと、確かな事を言える資料は少ないのですが、忠七めしと言う、埼玉県の小川町の名物にも貢献をしている侍だったりします。

二人の主人公で一人は医者、もう一人は侍となっていますが、医者のパートについては、JINとか読んでいる人には向いているパートですね。ちなみに以下、ドラマのJINでも使われていたロケ地として島田橋と言うのがありまして、そちらを姉妹サイトの方で紹介をしています。

島田橋(時代物ドラマで度々登場)

ネタバレ書いちゃいます

ネタバレを書いてしまいますので、読みたい人は飛ばして下さい。読まなくても分かる人には分かると思いますし、僕もそうだろう。と言う位で読み始めました。

では、ネタバレを書いてしまいますが、手塚治虫が元々医師免許を持っている。と言う事は有名ですよね。だからブラックジャックがリアルで、面白くて今でも色あせない訳ですが、主人公の一人として登場をする医者の手塚は手塚治虫のご先祖様になります。

一応、あとがきとかにも書いてありますが、本編のみで言えば、ラストの一コマで描かれている事になります。

タイミングは大事

上述をしているように、子供の頃に読んでも分からない事だらけでした。悔やまれるのは、もっと若い時から勉強をしておけば良かった。と言う気持ちですかね。舞台は東京の右側が多いのですが、私は文京区に住んでいた事がありまして、白山とかそうした場所が漫画の中で登場をしています。

当時に今と同じだけの知識があって、読み終わっていたら、速攻で登場をした場所を巡ったりしますが、今は片道東京まで1時間は余裕で掛かりますので、日帰りで行って帰るには、ちょっとしんどいんですよね。目的の場所までなら、家から2時間位でしょうかね?見て回るのに2時間を見ると、やはり一日がかりのイベントになってしまいます。肉体的にも金銭的にも5000円は見ておかないといけないので、予め生活費を計算して余計な金を下ろさないでやり繰りをしていると、ちょっと厳しい金額ですな。

Gyaoで一話目が無料

陽だまりの樹はアニメもドラマもどちらもありますが、アニメの方が忠実だと思いますので、アニメの方をちょっと探したのですが、Gayoで無料配信をされていました。ただし、全話ではないみたいです。

陽だまりの樹(第一話)

単行本購入の前に、ちょっとダラダラと見て内容を確かめるのは良いと思いますね。

幕末物と言えば、大体は主役に添えられるキャラクターについては定番化されてしまっているのですが、今作の陽だまりの樹では、無名の医者と、不器用な侍を軸に展開をされています。時折有名人も登場をしているのですが、他の作品とは少し違った角度で幕末を描いてくれているので、今見ても新鮮ですね。

手塚治虫ってすげーな!と改めて思える作品です。アフィリエイトと言う形で作品へのリンクなどを掲載していますが、もうそうした事を抜きにして、別に直接検索をしてもらって、リンクを踏まないようにして貰っても構いませんので、是非とも読んでみて下さい。そんじょそこらの歴史の本よりも、圧倒的に面白いです。

陽だまりの樹の検索結果(eBookJapan)


陽だまりの樹 コミック 文庫版 全8巻完結セット(Amazon)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください