自律神経が整えば休まなくても絶好調

jiritu-midare

内容紹介

自律神経研究の第一人者が「休み下手」な日本人に直伝!
効率的な時間の作り方と休み方

なぜ「きちんと休めない」のでしょう。
「仕事が終わらないから」「みんなが残業している中で休める雰囲気ではないから」。
こうしたことを言っているうちは、本当に質のいい休息を手に入れることができません。
なぜなら、休みは与えられるものではなく自分で探すものだからです。
さらにもう一つ考え直してほしいのが「休息」の内容そのものについてです。
ぐっすり眠ったり、旅行にいったり、のんびりしたり……
しかし、本当はもっと多彩な休み方があり、それを見逃しているために充分に休むことができていないだけなのです。
(「はじめに」より)

はじめに 「休めないのは自分のせい」と気づけばすべてが変わる
第1章 休息は「動かない」ことではない
第2章 この発想で時間をつくりだす
第3章 自分の時間をどう過ごすか
第4章 効果絶大な休み方のコツ
内容(「BOOK」データベースより)
「休む」とは「動かない」ことではない。自律神経研究の第一人者が直伝!効率的な時間の作り方と休み方。
著者について
小林弘幸(こばやし・ひろゆき)
1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。著書に『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)『自律神経が整う時間コントロール術』(小学館)『「ゆっくり動く」と人生がすべてうまくいく』(PHP研究所)など多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小林/弘幸
1960年、埼玉県生まれ。県立浦和高校卒。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科学講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

個人的な読んだ感想

皆さん、自律神経に気をつけていますか?恐らくですが、ほとんどの人が気にしていないと思います。個人的にはいわゆるご近所の騒音問題ってやつで、完全にぶっ壊れました。今は修復中なのですが、神経と言うのは外傷的な傷と違って、これ位の期間があれば、必ず治る。と言うものではないので、非常に厄介ですね。

私の場合には、夜中に騒音が始まり、それまで寝ていたのがたたき起こされる。と言うのが続き、睡眠リズムも壊れて、眠れない状態や起きれないと言う状態が続きました。

それ以外のプライベートでは、特にそこまでのストレスを感じていない状態だったので、原因はどう考えても、これだろ?と言う感じで完全にぐったりとしてしまいました。

著者は有名なのでしょうかね?顔写真が付いている書籍もあったりして、あれ?こんな顔だったんだ?と少し個人的には意外でした。

書かれている事、全てを一度に取り入れるのは難しいと思いますが、少しずつ取り入れる事は十分に可能だと思います。読む前から直す為に、自分の中で取り入れている事もあったりしたのですが、もう少し取り入れていきたいですね。自分としてはコーヒーが大好きなのですが、この辺りを少し減らして、代わりに水を飲む頻度を増やしてみたいと思います。

自律神経が壊れ始めたタイミングで、本能的にコーヒーから水に切り替えていたタイミングがあったのですが、自律神経って聞いた事はあるけれども、具体的な働きとかは不明だったのですが、意外と本能として守る、あるいは修復をする為の行動を自分自身が取っていた事に少し驚きましたね。

私のように、ほぼ毎日のように、騒音に悩まされて、完全に壊してしまうと、修復に時間が相当係りますので、そうなる前に、各自で取り入れて改善をしていった方が良いと思います。完全に壊れれてから1年以上が経過をしていますが、まだ完全に戻ってはいない状態となりますので、本当に完全に壊れる前に対象をした方が良いですよ。

取りあえず、アマゾンで水を購入して、追加でセレブリーズリポスミンを購入。睡眠の質を高めたいので、アロマについても購入を考えていたりします。

BookLiveで読めます!

こちらの作品はBookLiveと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

Bookliveは便利だね

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください