角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 全20巻セット

角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 懐中コンパスつき 全20巻セット
角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 全20巻セット

世界史教育の最先端=グローバル・ヒストリーを採用した初めての歴史まんが

売上No.1 角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』のKADOKAWAから『世界の歴史』全20巻、一挙刊行!!
★最先端の歴史理解の方法を採用! 「グローバル・ヒストリー」による新構成
★さらに進化した「東大流」! 歴史の「横のつながり」をつかむ工夫が満載
★まんが4160ページの最大ボリューム!いちばんくわしい『世界の歴史』です
★どこよりも最新の情報を掲載!新型コロナウイルス感染症やブラックライヴズマターの話題まで収録

歴史的な学習漫画かも?

最新の学習漫画となってますので、終わりにはコロナまでもがしっかりと収録をされています。今に繋がる諸問題については、時系列的にどうしても近現代が直結をしているのですが、数冊を使い近現代が収録をされていますので、今の諸問題の、根本的な事についても、理解をしやすいと思います。

絵柄は作品毎に、絵師が変わったりしているのですが、元締めとなる方が同一になりますので、大幅な画力の変更はなくはないのですが、こうした学習漫画としては少ない方になると思います。

驚かされるのは、その充実度です。あまりにも、きちんと書かれていますので、学習漫画としては問題なく優等生となるのですが、果たしてこの作品を、歴史に興味が薄い子供が読んで、勉強になるだろうか?と言う点ですね。歴史に興味がなく、単に漫画だから。と言う理由で読み始めても、その情報量の多さと濃密さに、読み切れないで、ぶん投げてしまう可能性が非常に高いと思います。

個人的には大人ですし、歴史も好きなので、むしろ満足!となったシリーズ作品となるのですが、情報量が多い為に、記憶する。と言うよりも、まずは書かれている事を理解するだけでも、結構な労力がかかりました。結果としては、数ヶ月かけて全作品を読むのに時間がかかりましたので、序盤処か、中世当たりに、せっかく覚えた事も忘れてしまいました。

最初から読み始めて数ヶ月となりましたので、中盤までは上述をしているように、すっかりと忘れていますが、後半部分については、流石に覚えていますが、驚きましたね。伊丹万作の言葉が紹介をされています。記憶の限り、これまで、各出版社のこうした学習漫画については、当然今回を紹介をしている世界史についても、結構な種類を読んできたと思いますが、近現代で伊丹万作を一言、作品の話で言えば、一コマになるのですが、紹介をされている作品はありませんね。

どんな言葉か?なりますと、各自で調べて頂きたいのですが、中々に、きっつーー。となる言葉になりますので、各自覚悟をしておいて下さい。要事ある毎に、反省もしなければ、どうしたら次は騙されないんだろう?と考える事がなく、過ごしている人の場合には耳の痛い言葉になります。ただ、多分そうした人の場合には、伊丹万作の言葉なんて興味もないですし、歴史そのものに対しても、特別に興味がないかも。

注意点になりますが、何回か書いているように、非常に良いシリーズ作品になるのですが、タフです。読むのに時間と根本的な好奇心が必要となります。シリーズ全作品となりますと、相応の金額となります。その為、親が子供の代わりに購入。と言うケースが多いと思いますが、親自身が歴史に興味がなく、かつ子供も特別に興味がない。でも、漫画は読んでいるみたいだから、買ってくれたら読むんじゃないかな?と言う程度の淡い期待であれば、辞めておきましょう。はっきりと言えば無駄に終わると思います。

ちなみに、以下の商品リンクの中で、一番下になりますが、ebookjapanでは、ダイジェスト版として無料で試し読みが可能となっています。高い商品になりますので、割引チャンスであったり、ポイント還元などを駆使した方が良いですよね。

角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 全20巻セットを読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください