カストロとゲバラ

カストロとゲバラ

カストロとゲバラ

青年弁護士だったカストロが、盟友の医師チェ・ゲバラらと共にキューバ革命を成功に導いてから約60年。

その間キューバは、アメリカ政府の経済封鎖やカストロ暗殺計画に屈することなく、国民が平等で、教育費・医療費が無料の理想国家を築き上げてきた。

キューバ危機という、核戦争の恐怖をも乗り越えた二人の革命家から、我々はいま何を学ぶことができるのか?

現在までのキューバ史を壮大なスケールで描く。

目次より
第一章 キューバ革命前史
第二章 革命の真実
第三章 社会改革と忍び寄るアメリカの脅威
第四章 キューバ危機が残したもの
第五章 生きているカストロとゲバラ

【著者プロフィール】
広瀬隆(ひろせ たかし)
作家。1943年、東京生まれ。早稲田大学理工学部卒。世界史、日本史、原発問題など幅広い分野で執筆を続ける。『ロシア革命史入門』(インターナショナル新書)、『日本近現代史入門』(集英社インターナショナル)、『アメリカの経済支配者たち』『資本主義崩壊の首謀者たち』(以上集英社新書)など多くの著書がある。

内容(「BOOK」データベースより)
青年弁護士だったカストロが、盟友の医師チェ・ゲバラらと共にキューバ革命を成功に導いてから約六〇年。その間キューバは、アメリカ政府の経済封鎖やカストロ暗殺計画に屈することなく、国民が平等で、教育費・医療費が無料の理想国家を築き上げてきた。キューバ危機という、核戦争の恐怖をも乗り越えた二人の革命家から、我々はいま何を学ぶことができるのか?現在までのキューバ史を壮大なスケールで描く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
広瀬/隆
作家。1943年、東京生まれ。早稲田大学卒業。世界史、日本史、原発問題など幅広い分野で執筆を続ける。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カストロとゲバラを読んで

ゲバラ好きで、ゲバラに関する書籍は数冊読みましたが、カストロについては情報は圧倒的に足りない状況でした。何故、カストロに独裁者のイメージが強いのか?ゲバラ中心に書かれている書籍ではそうした事が基本的には書かれていないので、キューバに何があったのか?政治的な事は一切不明だったので、物凄く勉強になりましたね。

本書ではカストロが中心に書かれていて、ゲバラについては、多くが割かれていません。すでにゲバラの書籍を数冊読んでいましたので、ゲバラについての発見は特になかったのですが、カストロを知る事で、これまでのゲバラの知識がより深まった。と言う感じでしょうかね。とにかく、読んで良かったと思います。

著者の広瀬隆さんについて

著者の広瀬隆さんについてですが、原発に関してのスタンスについては、すでに知っていますが、その広瀬隆さんだとは思いませんでした。良く似た名前の人だな。と言う感じで、購入をしてみて、他の著作物を見たら、あの広瀬隆さんだった。と言う感じですね。原発についての著作については読んでいませんが、個人的にも、原発は不要派ですね。理由としては複合的です。どうしても必要だと言うのであれば、東京のど真ん中、一番電気を使う所に建てれば良い。位です。効率性を重視するのであれば、それが最も効率的だと思います。

左派とか右派とか、簡単に色分けをしようとしてしまう人も多いのかな?と思いますが、スタンスとしては、広瀬隆さんの場合には、国民を中心に据えているのかな?と思います。その為に、原発のポジションも決まりますかね。国家を中心に据えた場合には、原発は必要。と言う意見も理解可能なのですが、それならば、必要としている所に作って貰いたいな。と私は思います。そうしたら、必然的に都内の中心地ですよね?都内の人、良かったじゃん。電気代も安くなるよ。米軍基地問題に関しても同じで、本当にどうしても必要であれば、都内のど真ん中に基地を作って貰いたいですよね。米軍の場合には、土地的な要素も多少はありますので、難しい部分もありますけど、雇用も増えて、やっぱり東京良かったじゃん。と言う位です。どちらもそこまで必要性があるようには思えないのですが、その外の私個人のスタンスは下に掲載しておきます。

カストロの戦略性

約二年でキューバ革命が達成をされた。この事実だけは知っていますし、戦場となった都市名なども知っていたのですが、どうして、そこに至る事が出来たのか?これについては分かりませんでしたが、本書を読む事で理解をする事が出来ました。カストロと言う男の戦略性が研ぎ澄まされていますね。

その後、国防の為に、致しかたなく行った政策。独裁者としてイメージを付ける事になってしまった政策。色々とやってきたんだな。と言う印象ですね。知っている事もありましたが、知らない事も多かったですね。時折順番としては前後をする事になるのですが、基本的には時系列でキューバ革命前後について書かれています。

キューバ危機は有名かと思いますが、もちろん、その当時の事も書かれています。時系列としてキューバ革命前後を知りたい方には、うってつけの書籍となりますね。経済の書籍やマーケティングの書籍に関しては、アメリカのスパイだろ?と思えるような人が書いている書籍は多数あります。ただ、カストロについては、最終的にはソ連とも心情的には袂を分けているので、ソ連のスパイ、今であればロシアのスパイだろうが何だろうが、要するに国を上げて、日本にカストロのイメージをうえつけよう。としている国が特にありません。

カストロとゲバラを題材にしても、商業的には売上としては厳しいものがあるでしょう。だからこそ、そのテーマで書いている書籍は貴重になりますし、政治的なスタンスを置いて、人間として礼賛される形になるケースが多いですし、カストロもゲバラも充分にそれに値をすると思います。

不思議に感じた事

いつも不思議に思う事があります。例えばですが、今回の書籍であれば、広瀬隆さんの場合には、戦前であれば、日米で言えば、アメリカが正しくて日本が悪かった。と言うスタンスですね。でも、戦後の中南米に対しては、アメリカが徹底的に悪い。と言うスタンスなんですよね。

で、逆に戦前の日本は悪くない。それはウオー・ギルト・インフォメーションの成果であって、戦前の日米比較であれば、アメリカの方が悪い。と言うスタンスの人もいます。私個人としても、戦前の話であれば、こちらのスタンスになります。アメリカの多数の工作活動。ソ連のスパイに操られてアメリカが判断を誤った結果、日米開戦は避けられないものとなり、日本自体はアメリカとの開戦は避けたい意向を強く持っていた。と思っています。

ただ、こうしたケースの場合には、何故か戦後のアメリカは割と良い国で、と言うスタンスになってしまうんですよね。ここが個人的には不思議です。私は一貫して、建国以来、アメリカと言う国には道義的な事を野蛮国家である。と言うスタンスです。ちなみに、子供の頃はアメリカにも住んでいました。アメリカ人が憎い訳ではなく、アメリカと言う国家のスタンスは、世界的に見て疫病神です。と言う印象です。

戦前はアメリカは良かった。戦後、特に中南米や中東政策では悪魔的な所業を行った。
いや、戦前のアメリカはひどかったが、今の中東政策などは悪くない。

いやいや、一貫してアメリカはクソですよ。と言う気が個人的にはしているんですけどね。

と言う事で、左翼と思われるかもしれませんが、私自身はそのつもりは特にないです。ただし、取りあえず反米です。この辺り、政治的な書籍の場合には、一応はお伝えをした方がフェアな気持ちがしましたので、書いておきたいと思います。二十歳の頃から、鎖国して江戸時代に戻して、まったりと暮らそうぜ!と周りには行っています。トランプは一部との国との鎖国をしようとしているので、私とは考え方は違いますね。

人類の未来をキューバに見ています

金を価値の最上位に置かない。それがキューバでして、日本でのキューバの知名度の低さがびっくりとする位なのですが、最貧国扱いでありながら、教育費が無料で、医療も無料。そのせいで、高い水準の知識を有しており、おまけに金を価値の最上位に置かないので、アフリカとかで災害が起こると、多数のキューバ人医師が国家の命令ではなく、自分の意思で駆けつける。

それがキューバと言う国でして、ちょっと資本主義に毒されている現状ではにわかには信じがたい国民性となっています。日本の原爆についても、どの国よりも知識を持っていて、歴史の教科書で、アメリカの帝国主義の行いとして紹介をされているので、多くのキューバ人が広島と長崎に原爆が投下された事も知ってくれています。

アメリカの行き過ぎた資本主義によって、テロが拡散をされている。と言うのは多くの人が指摘をしている事ですが、カストロもそれを前々から指摘をしていて、行き過ぎた搾取でアメリカ自身が滅ぶだろうと思われるますが、それに変わる考えとして、キューバのような国も良いと思いますけどね。取り入れるべき所は取り入れていき、価値観の変換を行っていかないとでしょうね。

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』


書籍の中でいくつかの書籍や映画が紹介をされていました。その中の一つが、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』になります。

他にもゴッドファーザー2などが映画として取り上げられていましたね。そちらは、もうすでに見ていますし、キューバ革命前後の様子についてのシーンも理解をしていたので、お!これがそうか!と思いながら見る事が出来ました。

今回の書籍の中でも取り上げられている人物が複数モデルとして登場をしていますので、すでに見た事がある人も多いゴッドファーザーですが、書籍を読んだ後にもう一度見返してみるのも良いと思います。ゴッドファーザーについては、自宅でDVDとして所有をしていましたが、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』については、所持していなかったのですが、偶々、現在U-NEXTに入会をしていまして、そちらで海外ドラマを中心に楽しんでいたのですが、今回の書籍で取り上げられていた、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』についてもありました。もちろん、これから見ますよ♪

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)

エルネスト


ちなみにですが、入会をした際にポイントが貰えるのですが、そちらのポイントで、上記でも紹介をしている映画を見ました。割と本気で私がゲバラ好き。と言う事を理解して頂けると思います。

カストロとゲバラ(インターナショナル新書)(eBookJapan)安いよ!


カストロとゲバラ(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください