心はどこへ消えた?(東畑開人)

心はどこへ消えた?(東畑開人)
心はどこへ消えた?(東畑開人)

この20年、心は消滅の危機にさらされている。物が豊かな時代は終わり、リスクだけが豊かな時代がやってきたからだ。人々は目の前のことでせいいっぱい。心はすぐにかき消されてしまう。社会にも、身近な人間関係にも、そして自分自身の中にさえも、心というプライベートで、ミクロなものを置いておく余裕がない。それでも心は見つけ出されなければならない。自分を大切にするために、そして、大切な誰かを本当の意味で大切にするために。ならば、心はどこにあるのか? その答えを求めて、臨床心理士は人々の語りに耳を傾けた――。現れたのは、命がけの社交、過酷な働き方、綺麗すぎる部屋、自撮り写真、段ボール国家、巧妙な仮病など、カラフルな小さい物語たちだった。
『居るのはつらいよ』で第19回大佛次郎論壇賞受賞、紀伊国屋じんぶん大賞をW受賞した気鋭の著者が「心とは何か」という直球の問いに迫る、渾身のエッセイ。

何が言いたいか、良く分からなかった

書店に行ったら、山積みをされていたので、いわゆる売れ筋の本になるんだろうな?と思っていました。運良く図書館で、ほぼ待つ事がなく借りる事が出来るのが分かりましたので、借りて読ませて頂きました。

まず、著者である東畑開人さんが年齢的にも自分と近い事から、時折放り込まれる冗談についても、理解する事が出来たので、ほぼ満額、著者のジョークについて理解をする事が出来たのだと思います。この辺り年齢的に離れていたりすると、ちょっと意味が分からないんですけれど。となってしまうかもしれませんね。

内容としてはエッセイとなっていて、基本的な構成としてはカウンセラーとしての仕事内容を通じての話になりますので、色々な人が登場をしています。

個人的に一番良かったな。と思えたのはチンパンジーの話ですね。チンパンジーの世界にもはぶられたりする事もあり、そうなると、人間で言えばうつ的な傾向が出たりするのですが、環境を変える。つまり、別の群れに移動をさせたりすると、ケースによっては改善の傾向が見られる。と言う話でした。人間でも同じですよね。自分にとって合わないな。と思っていたら、環境を変える。と言うのも有効な手段になると思います。もちろん、より悪化してしまうケースもありますので、そこは慎重さが必要ですけれどね。

共感出来た部分

締め切り恐怖症とタバコについてですかね。締め切り恐怖症については、もはや乗り越えて、伸ばせ伸びる。と言う最悪の事に気がついてしまっていたり、なんでしたら、全てを放りだした事もあります。もう随分前の話になりますので、該当関係者はすでに忘れている話かもしれませんが、個人的にも、にっちもさっちもいかない状況となり、自分としては、そうするしかなかった。と言うのがありました。

あとは、タバコですかね。別に禁煙に挑戦をした事もないのですが、盲腸の手術で急遽、救急車に担ぎこまれて、そのまま病院に入院。そして手術。と言う事がありまして。手術が終わったからと行っても、痛み止めの点滴を打っている状態になるは、ジンジンと手術をした後が痛いわ。タバコも持参してきていないわ。外は大雨だわ。と言う事で、三日間ほど、強制的にタバコが吸えない状態になってしまいました。

で、4日目。雨もほぼ降っていない状態ですし、多少は動けるようになりましたので、入院着を身につけたまま、病院の目の前のコンビニに行き、普段吸っているタバコを2箱購入。勿論ライターもね。コンビニ店員さんは入院着のままの私をみて、こいつ正気じゃねーな?と言う視線で見てきたのですが、気にする事はない。外の灰皿で速攻で吸いましたね。うめーうめー。3本目でやにくら発生で、ぶっ倒れそうになりましたが、なーに、目の前に病院があるんだ。安心して倒れるぜ!と言う気持ちでタバコをスパスパしていました。

心療内科に通ってるんですわ

私自身は、去年から心療内科に通っているんですわ。著者はコロナで色々と大変な思いをしたみたいですし、世の中にそうした人も多いと思いますが、私自身はコロナとか、そんなに関係なくて、コロナ前からステロイドを長期服用をしていて、それがついに破裂した感じで、先生が言うには、薬物惹起性うつ。と言う事で、抑うつ剤とかも現在も服用をしています。そうした形になりますので、世の中的に、こうした著者みたいなカウンセラーがいる事は知っていました。相談でもしてみようかしら?と考えた事もあったのですが、結局は行っていませんし、行く事もなさそうですね。

当然、病院の診察は個室で行われる形になりますので、他の患者の話とかは分からない状態になるのですが、問題はその後の薬局です。ここでは個室ではなく薬剤師さんが、症状はどうですか?とかの話をしてきて、自分の話も聞かれているだろうし、他の人の話もどうしても聞こえてきてしまうんですよね。

色々なケースがあるのですが、お前、病院にきて本当に正解だったな。と思う人の話もありましたね。なんかね、車で運転をしていても、カッ!となってしまって、自分が止められなくなる。と言う症状がある人みたいで、そりゃあぶねーよな。お前、病院にきて正解だぞ。と言うか、元々の性格だとしたら、運転しねー方が良いぞ。と思える話も薬局で聞こえてきました。

カウンセリングの世界の話になりますので、別に病気とまではいかないケースの人もいるとは思いますが、やはり、うつ病的な人も多いみたいで、本書で紹介をされている人のケースでも、うつ症状の人が多い傾向がありました。同じくカウンセリングの世界の話として、すでに自分が読んだ作品としては以下があります。

こちらは主にガンに直面をして、精神的に参ってしまった人のカウンセリングの話となりますが、傾向としては似たような構成になるのかな?と思います。色々な人が悩んで、それをどう乗り越えてきたのか?実際にカウンセリングを受けるまでは行かなくとも、人生で躓いてしまい、どう起き上がれば良いのか?迷っている人が読めば、自分自身での解決の糸口が見つかるかもしれませんので、興味がありましたら、読んでみて下さい。

東畑開人の対談トーク

武田砂鉄×東畑開人 【アシタノカレッジ】

武田砂鉄と今回紹介をしている東畑開人のトーク対談になります。全部は正直聞いていないのですが、補欠の話とか、本書の中でも語られていた内容についての話をされている部分については聞きました。興味のある方は、まったりとしながら聞いてみて下さい。

心はどこへ消えた?(東畑開人)を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください