モモ(ミヒャエル・エンデ)

モモ(ミヒャエル・エンデ)
モモ(ミヒャエル・エンデ)

内容(「BOOK」データベースより)
町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話を聞いてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります…。「時間」とは何かを問う、エンデの名作。小学5・6年以上。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
エンデ,ミヒャエル
1929‐1995。南ドイツのガルミッシュに生まれる。父は、画家のエトガー・エンデ。高等学校で演劇を学んだのち、ミュンヘンの劇場で舞台監督をつとめ、映画評論なども執筆する。1960年に『ジム・ボタンの機関車大旅行』を出版、翌年、ドイツ児童図書賞を受賞。1970年にイタリアへ移住し、『モモ』『はてしない物語』などの作品を発表。1985年にドイツにもどり、1995年8月、シュトゥットガルトの病院で逝去

大島/かおり
1931年東京生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時間泥棒との戦い

星の王子様を読んで、面白かったので、星の王子様を読んで面白かったと思った人にお勧めの本はありますかいの?と言う事を質問している掲示板を見つけた所、こちらのモモが紹介をされていました。

と言われても、全く聞いた事もなかったので、なるべく本屋さんで購入をしたいと考えていたので、購入をするのは難航するか?と思っていたのですが、ちょうどNHKの番組で紹介をされたらしく、本屋で山積みをされていました。

ざっくりとしたあらすじ

どこから来たのか?謎の女の子モモが仲間の為に時間泥棒と戦う話。一行で書くとしたら、これで終わりになります。

今どき、どこから来たのか分からない。とか、途中で謎のカメが登場とか、児童文学になりますので、こまけー事は気にするなよ。となるのですが、内容としては非常にしっかりとしていて、良かったです。自分の中で、こうした作品を楽しむ気持ちの余裕がある事を確認できて、少しほっとしましたね。

ミヒャエル・エンデ

作者は、ミヒャエル・エンデです。知らないですよ。と言う方も多いと思います。私も、誰それ状態になりますが、後書きを読んで、あ!となりましたね。

ちょっと勿体ぶって書いてみたいのですが、ミヒャエル・エンデの最も有名な作品。私の世代であれば、余程特殊な環境で生きてきた人ではない限り、好き嫌いは別にして、必ず知っています。

その作品名は、、『はてしない物語』です!

え?知らないかな。。。と思う人も多いでしょうね。こちらの作品は映画化もされていて、その映画名が、、、『ネバーエンディングストーリー』になります。

はい。知っていますよね?超有名作品です。

で、モモについても、後書きでそれを知って、あーーー。となりました。ストーリーの持ち込み方とか、登場をしているキャラクターとかが、どこか同じ遺伝子を感じさせてくれますね。

ちなみに、モモも映画化されています

興味のある方は、アマゾンのリンクを置いておきますので、お値段とか調べてみて下さい。

“モモ 映画”(アマゾン)

モモが教えてくれる大人と時間

この作品自体は随分前になるのですが、時代はより深みにはまっているみたいで、より効率化が叫ばれていますよね。

それまで楽しく、中にはこだわりを持って仕事をしていた大人達が時間泥棒から時間を盗まれて、効率重視一辺倒となってしまい。と言うのが起承転結で言えば、承の部分になるかと思いますが、なるべくならば、そうはならないようにしよう。と心がけているのですが、思い当たる節もありますので、身につまされる思いでしたね。

どうでも良い。と言うとあれですが、こちらの書籍。モモになるのですが、読んで良かった。と思えた方がいましたら、似たような書籍でお勧めがあれば教えて下さい。児童文学のジャンルについては、全く読んでこなかったので、それなり以上の年齢になってしまったのですが、取り戻したいと思っているので、結構頑張って本を読みたいんです。

内容については、極力触れないように書いておきましたが、一点。ここがイマイチ。と言う点があります。大人が読まれる場合には、児童文学と言う立ち位置になりますので、どうしても仕方がない部分があるのですが、平仮名が多くて、ちょっと読み辛いです。大人の場合であれば、漢字を記号のような認識で、読み進める事が出来ると思いますが、平仮名が多いので、確認をしながら読まないといけないので、思っていたよりも、読み終わるのに時間が掛かります。意外な所で、時間泥棒をされましたね。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください