王さまになった羊飼い チベットの昔話(世界傑作絵本シリーズ)

王さまになった羊飼い チベットの昔話(世界傑作絵本シリーズ)
王さまになった羊飼い チベットの昔話(世界傑作絵本シリーズ)

貧しい羊飼いの男の子が、草原で出会ったうさぎに自分の食べ物をわけてあげました。それを100日続けたとき、うさぎは老人に変わりました。老人は天の神で、男の子に動物のことばがわかる力を授けてくれます。男の子はその力で通りかかった王さまの家来の馬を助けて、宮殿に連れて行かれます。そこで王子の耳の病気を治すよう求められた男の子が困っていると、2羽のカラスが、王子の耳の病気の治し方を話しているのを耳にします。そのとおりにやって王子の耳の病気を治した男の子は、お礼に国の半分をもらって王さまになったのでした。

絵を描いたイ ヨンギョンさんは、チベットが大好きな方で、今回の作品を作るにあたっても現地に取材して絵を描いてくださいました。
チベット人の方に文と絵を見ていただいて、本作りを進めました。

面白い!笑ってしまったし落ちも良い

まず、少年が牧歌的で良い人な訳ですが、そこれがきっかけで、まー、書いても大丈夫ですかね?

神様が出てくるのですが、神様の突っ込みとかが面白いです。絵本で、まさかこんな切れた神様を見付ける事が出来る事になるとは思いませんでしたので、カウンターを食らった気持ちになりましたね。

それで早速、タイトル通りにして貰うのかな?と思っていたら、所がどっこいの展開ですね。これで、どうやってタイトルの王様にいきつくのか?と思っていたのですが、なるほどねー。と言う展開で綺麗に終わりました。

短く、かつ簡単な言葉で、ここまで話をまとめる事が出来ているのが、非常に自分にとっては勉強になりました。いきなり結論へ行く訳ではなく、まずは一旦噛ませる。この辺りも良かったですね。

絵本になりますので、子供向けにはなるのですが、大人が読んでも充分に、へー!となるストーリー展開となっています。世界傑作絵本シリーズ、お勧めですね。

王さまになった羊飼い チベットの昔話(世界傑作絵本シリーズ)を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください