『スノーデン 監視大国 日本を語る』を読んだ感想

『スノーデン 監視大国 日本を語る』

『スノーデン 監視大国 日本を語る』

内容紹介
国谷裕子「アメリカはマルウェアを作動させて日本のインフラを大混乱に陥れることができるというのは本当のことでしょうか」/スノーデン「答えはもちろんイエスです」。2013年のリークで世界を震撼させた元アメリカ情報局員のスノーデン。そして2017年、日本関連の秘密文書が新たに暴露され、そこには大量監視システムXKEYSCOREがアメリカ政府から日本政府に譲渡されていることが記されていた。安全のためと称し増大する一方の国家による監視活動に対して、市民によるコントロールをどのように及ぼしていくべきか。スノーデンと日米の識者、プライバシー権に関する国連特別報告者が対策とヴィジョンを語る。 【目次】刊行にあたって エドワード・スノーデンのメッセージ/第一章 米国国家安全保障局による大量監視の実態と日本 エドワード・スノーデン、国谷裕子/第二章 9・11以降の監視強化の動きとACLUの戦い スティーブン・シャピロ/第三章 日本の監視の現状 出口かおり/第四章 大量監視とプライバシー保護のための仕組み ジョセフ・ケナタッチ/第五章 デジタル時代の監視とプライバシー ジョセフ・ケナタッチ、スティーブン・シャピロ、井桁大介、出口かおり/あとがき 浮かび上がった情報格差の深い溝 国谷裕子/付録1 スノーデン氏のメッセージ原文/付録2 ジョセフ・ケナタッチ氏の監視システムに対する保護措置に関するスライド資料
内容(「BOOK」データベースより)
二〇一三年のリークで世界を震撼させた元アメリカ情報局員のスノーデン。そして二〇一七年、日本関連の秘密文書が新たに暴露され、そこには大量監視システムXKEYSCOREがアメリカ政府から日本政府に譲渡されていることが記されていた。安全のためと称し増大する一方の国家による監視活動に対して、市民によるコントロールをどのように及ぼしていくべきか。スノーデンと日米の識者、プライバシー権に関する国連特別報告者が対策とヴィジョンを語る。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スノーデン,エドワード
1983年生まれ。CIA、NSA及びDIAの元情報局員。アメリカ政府が無差別監視をしている実態等を暴露した2013年6月の「スノーデン・リーク」で世界を震撼させた。2014年より「報道の自由基金」理事

国谷/裕子
キャスター

ケナタッチ,ジョセフ
プライバシー権に関する国連特別報告者

シャピロ,スティーブン
弁護士。ACLU元リーガル・ディレクター

井桁/大介
弁護士。JCLU理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

難しい内容です

スノーデンの書籍は以前にも読んでいます。

スノーデン 日本への警告


こちらになるのですが、構成としては同じ形となっていて、最初にちょろっと、スノーデンが登場をして、後はパネリストが色々と議論形式で進めていく形となっています。議論と言うよりも、講演ですかね。

その為、スノーデン個人の話自体のボリュームについては、あまり多くは割かれていません。

アメリカの諜報実態。そして日本もそれに積極的に加担をしている実態などが書かれていて、プライバシー問題について考えている書籍ですね。

よく、悪い事をしていないから、知られても問題ない。と言う方がいるのですが、クラスメイトが自分のスマホを勝手にみていたら、どう思いますか?と言う話ですよね。

もちろん、リアルの知り合いに知られるのと、諜報部などのしかるべき機関に知られるのでは、訳が違う。と言う解釈も出来るのですが、そのしかるべき機関の方が身近にいない。となぜ言えるの?口外しない事や、完全に情報をシャットダウンしている事を言い切れるのか?こうした事を考えると、やはり不安はつきまといますし、そもそも相手が誰であろうと、自分の事を不要に知られる事自体に抵抗感を感じる人も多いと思いますし、私自身もそうです。

何か社会的に悪い事をしているか?と言われたら、もちろん、そんな事はないのですが、あれです。コンビニとかで、いつもありがとうございます!とか言われると、あー!やべー!みたいな気持ちになる人も多いと思いますが、それと一緒です。不要に人に覚えられたりしたくない気持ちです。

例えとして、あまり適切ではないかもしれませんが、勝手に情報を収集されるのは不愉快ですし、ましてや、積極的に情報を集めようとしている連中が、政権に都合が悪い情報になった途端に墨塗にしたり破棄したりしているんだぜ?こうした連中に情報が渡って良い事なんて絶対ないから、余計に不愉快なんですよね。

『スノーデン 監視大国 日本を語る』(eBookJapan)


スノーデン 監視大国 日本を語る(Amazon)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください