口語訳 遠野物語を読んでみたよ

口語訳 遠野物語

口語訳 遠野物語

内容紹介

今なお語り継がれ読み続けられている不朽の名作『遠野物語』の簡潔な文語文を、わかりやすく味わい深い現代口語文に。丁寧な注釈も。

内容(「BOOK」データベースより)
百年の月日を越え、語り継がれ読み続けられている不朽の名作『遠野物語』。柳田国男が言い伝えを採集し流麗な文語でまとめた原文を、今日の読者にわかりやすく味わい深い口語文に。大意をそこなわずに、会話を遠野方言であらわしながら再構成していく冒険的な試み。丁寧な注釈も付す。原典への橋渡しとして。

著者について
1875(明治8)年、兵庫県に生まれる。東京帝国大学卒業後、農商務省に勤務、貴族院書記官長を経て朝日新聞社に入社。勤務のかたわら全国各地を訪れ、民俗調査を重ねた。民俗学の祖とされる。1962年没。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
柳田/国男
1875年、兵庫県生まれ。東京帝国大学卒業後、農商務省に勤務、貴族院書記官長を経て朝日新聞社客員となる。全国各地を訪れて民俗調査を重ね、日本民俗学を確立した。1962年没

佐藤/誠輔
1928年、岩手県遠野市生まれ。岩手県立遠野中学校卒業。遠野市内小学校教諭、教頭、校長として勤めた。現在、遠野物語研究所研究員など

小田/富英
1949年、東京都生まれ。作新学院大学特任教授、『柳田国男全集』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

これが遠野物語だったんだね

凄く勝手な印象として、物凄く頭が良い人が読んでいる種類かな?と思っています。うっかりと物凄く頭が良い人と話をする機会があった時に、こちらの遠野物語のワンフレーズが飛び出して、あー、遠野物語ですね。と言えれば、カッコイイじゃん?と言うのが、そもそも読んでみた経緯です。

で、内容についてなのですが、あー、こう言うのだったのね。と言うのが感想になります。要するに怪談話と言う内容ですね。作品名と著者である柳田国男の名前は有名でしたが、作品の内容としては、賛否別れますかね。数多くの話が収録をされていて、中にはオチも何もない話もあったりして、え?と思える瞬間も多々ありましたし、そんなはずないだろう。と冷静に思っている自分もいました。

まだ、時代的に狸に化かされた。と言う言葉がそれなりに有効な時代に読まれていた、古き良き日本の原風景の一つでしょうかね。私なんかは、母親から狸が人を化かす。と言う言葉を聞いて育ちましたが、今の子供は親からそんな話を聞いているのでしょうかね?

多少、人を選ぶ書籍になるかと思いますが、こうした書籍も読んでおいて損はないですね。


口語訳 遠野物語 (河出文庫)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください