禁断の幕末維新史 封印された写真編

内容紹介

教科書に載せられない歴史がある! 様々な日本史のタブーに切り込んできた加治将一氏が、史料、状況証拠、行動心理を駆使し、繊細かつ大胆に思考。「加治史観」で解き明かす、幕末維新史のタブーと謎!

内容(「BOOK」データベースより)
教科書史観崩壊!明治天皇すり替え、坂本龍馬暗殺の真犯人、西郷隆盛ニセ肖像画。国家機密に迫る、これが加治史観だ!

著者について
1948年、札幌生まれ。米国でビジネスを手掛け、帰国後、執筆活動に入る。著書に『幕末 維新の暗号』(祥伝社)、『西郷の貌』(祥伝社)など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
加治/将一
1948年、札幌生まれ。米国でビジネスを手がけ、帰国後、執筆活動に入る。ベストセラーとなった『借りた金は返すな!』をはじめ、つねに話題作を発表し続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン

幕末 維新の暗号 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか(上・下)

西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

幕末 戦慄の絆 和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎

読んだ個人的な感想

要するに、この辺りをまとめている書籍。と言うのが本書の内容になるかと思います。最初の龍馬の本以外では、小説形式で話が進んでいきます。そちらでは著者の代弁者として望月教授と言うのが登場をしているのですが、そうした形が面倒になったのか、本書では著者が自分で話しを進めて行く形式を取っています。その為、小説形式ではなく、回りくどい形でのストーリー展開が廃されていて、ボリューム的にも一気に読み進める事が出来るボリュームでしたね。

本を読むスピードは人それぞれになりますが、移動のバスの中で1日で読み終わる事が出来ました。これまでに著者の本を読んだ事がない人でも、読む事は十分に可能となるのですが、事前のスタンスや、こうした話が出ている。と言う事を知っていない状態で読み始めてしまうと、うん?と言うシーンが多くなると思います。

個人的には上記で紹介をしている様に、すでに読破済みとなっていますので、新たなシーン。と言うのは特に登場をしていない点で少し不満が残る作品となりましたが、かと言っても、読んでいない状態で読んでしまうと、え?となってしまうシーンもありますので、微妙ですかね。すでに上記で取り上げている作品を読んだ人に対しては、復習用として購入をして読む。と言うスタンスであれば、十分にあり。

読んだ事がない人からしてみたら、この本から始めて深掘りをしていく事をオススメしたいと思います。

内容的にはジャンルとしては陰謀論に位置づけられてしまう可能性が高いとは思いますが、個人的には有りじゃないかな?と思える感じです。教科書的な歴史が好きな人には不向きなジャンルの作品となります。根底にもしかしたら?と言う気持ちを抱いている人には楽しめる作品です。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください