笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語が面白い

笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語

笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語

歴史の先生も大絶賛! マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワクの、幕末ドラマ。ヒーロー多すぎ、悲劇続きすぎ、“想定外”ありすぎで、超フクザツな幕末が、ここまで面白くなりました! 初の著書にして大評判の『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』に続く、笑って泣けるキング・オブ・ドラマ。教科書では読めない、裏話や面白エピソードが満載です。「名前は知ってたけど、実はこんなことしてたの?」「一気に時代が動いた、その全体像がようやくつかめた! 」「悲劇が多すぎる! 涙無しに読めない! 」と、連載中から大評判。

変わらずに面白い

房野史典さんの作品は戦国編も読んでいます。そちらの記事については以下を見て頂ければと思います。

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代


今回は幕末編となっていますが、変わらずに面白いですね。本自体には厚みがあるのですが、一日で充分に読める内容でスラスラと疲れる事なく、読める内容になっていると思います。

私自身は別に歴史が苦手だった訳ではなく、得意な方でしたし、幕末の書籍に関しても、このサイトを始めてからだけでも、そこそこ読んでいるはずになりますので、改めて知らなかった事は得意にないのですが、また別の語り口で読む事が出来て満足。と言う感じですね。

今の時代と幕末を同じ雰囲気とする向きが多く、著者の房野史典さんもそうした事を書かれているのですが、この辺りは微妙ですね。そこまでではないでしょう。と言う気持ちを個人的には持っています。

ブログの方でも公開をされているみたいなのですが、まとまった内容となっているが書籍となりますので、一気に読みたい人であれば、書籍で購入をして読むのが良いと思います。

笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語(eBookJapan)


笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語(Amazon)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください