金田一37歳の事件簿2巻で事件解決

金田一37歳の事件簿 2巻

金田一37歳の事件簿 2巻

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。仕事で、かつて「オペラ座館」があったリゾートに行く羽目になり、案の定、婚活パーティー中に殺人事件発生。「もう謎は解きたくない」と願うも、謎は解け、真犯人を突き止めてしまう。”第四のファントム”の正体を暴くため、容疑者達を呼び出すが、真犯人の罠によってかつてないピンチに!

高遠さん登場!

犯人たちの事件簿と言う外伝は別の作者の作品になるのですが、こちらは本家が書いている、正当な続編となります。外伝についても、本家が関わっているので、正当になりますが、続きですね。1巻については以下で紹介をしています。

金田一37歳の事件簿 1巻

今作で、最初の事件は解決をして、高遠さんが登場。そして次の事件へと話が展開をされている所で終了となります。こうした探偵作品は出来れば、区切りの良い所で終わって欲しい。と言うのが個人的な願望になるのですが、そうもいかないですね。

昔の高校生シリーズでは、そんなに上手くは行かないだろう。と思える展開だったのですが、大人シリーズのこちらでは、流石と思わせる展開となっています。ちょっとギャグが入っている感じですが、本当にこんな事件になって、訳の分からない人が推理を始めたら、こうなるよね。と言う展開になっています。

漫画にはなりますが、少しリアルが交じり初めている作品だと思いますが、個人的には楽しく読めました。外伝についても最新刊が発売をされていますので、そちらも紹介をする予定です。


金田一37歳の事件簿 2巻
金田一37歳の事件簿 2巻(eBookJapan)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください