あしあと ちばてつや追想短編集

あしあと ちばてつや追想短編集
あしあと ちばてつや追想短編集

ちばてつや、23年振りの最新短編集!!
巨匠・ちばてつやの23年振りとなる短編集!

戦後の満州引き揚げを描いた「家路 1945-2003」、漫画家デビュー時に謎の体調不良にさいなまれた日々を描く「赤い虫」、トキワ荘グループとの交流のきっかけとなった’事件’を描く「トモガキ」、そして最新発表作となる、名作『のたり松太郎』誕生前夜を描いた「グレてつ」といった、2000年以降に描かれた氏の貴重な自伝的読み切り作品を、掲載当時のカラーを含め完全収録!

ちばてつやを見直した!

見直したと書いていますが、正直、特になんの感想もありませんでした。あしたのジョーの作家さんで、後はリアルタイムでちょっと見た作品としては、世代的には、あした天気になーれ。ですからね。どちらかと言えば、おっさん向けの漫画家。と言うイメージしかありませんでした。

そして、ついに私自身もおっさんになりまして、どれ?ちゃんと、ちばてつやでも読んでみるか?と思いまして、ちょうど、満州についても興味がわいてきていたので、こちらの書籍を購入して読んでみましたが、、

まず、漫画家としてきちんと書き込んでくれているのが非常に好感を持ちました。いまさら、こんな点に感動をしてしまう位に、最近の漫画家さんって、ちょっと手抜きをしている印象の作家さんも多くなっていますかね。その点、ちばてつやの作品は背景もガッツリと書き込んでくれています。

肝心の内容についても、面白い作品ですね。短編集になるのですが、あしたのジョーのラストシーンのきっかけの話など、ようやく、おっさんになって、あしたのジョーでも読んでみようか?となっていたタイミングだったので、自分の中ではドンピシャでした。

ちばてつやさん、良い作品を書いてくれて、ありがとうございます!長生きしてね!

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください